たなごころ治療院ブログ

【症例報告】「年末からひどい腰痛!」 M.Kさん 40代女性 会社員 埼玉県 草加市

2019.2.8

 

院長 みやもとです

 

昨年12月から

1日中ずっと

腰が痛い

 

特に医療機関に行かず

湿布でごまかしていた

 

職場の同僚の

お子さん

M.Iクン

ご紹介

 

ありがとうございます

(^^)/

 

立って腰を

両横に倒す

両側に回す

後ろに反ると

痛みが出る

 

この痛みの出る

パターン

 

腰を揉んだら

素人

 

あは

世の中

素人だらけか?

(^_-)-☆

 

あるところ

1ヶ所に

治療し

即チェック

 

わたし

「いかがですか?」

 

M.Kさん

にんまりと

「違います!」

 

わたし

「なかなか

反応イイですね!

続けて

ドンドンいきますよ!」

 

あるところに

治療し

仕上げに

鍼治療も

AG1I1544

わたし

「いかがですか?」

AG1I1546

M.Kさん

「今全然何にもないです!」

AG1I1548

わたし

「よかったです!

腰を揉んでないのに

不思議でしょ?」

AG1I1550

M.Kさん

「うん!

不思議~!」

AG1I1552

わたし

「もう心配ないですよ!

 

M.Kさんは

『ただ肉質が硬い人』

 

ちゃんと肉質を柔らかくすれば

すぐ良くなっちゃいますから。」

当院で

腰痛の治療の前に

必ず行う

チェック

「lumbar rom」の画像検索結果

前屈・後屈

左右側屈

左右回旋

6つの動きと

痛み・重さ・突っ張り感が

どこに出るか?

 

この組み合わせの

全てパターンそれぞれに

異なる治療法がある

 

多くの医療機関では

兎にも角にも

『痛いところに治療する』

『痛いとこしか診ていない』

 

これが効かなくても

いつかは治ると

その治療を続ける

 

これで治れば

そういうレベル

 

当院にいらっしゃる

よそで治らない

患者さんには

よりきめ細かい

治療法が必要

 

マッサージ

ストレッチ

鍼治療などで

即効性・持続性のある

治療を心がけています

 

「慢性腰痛」は

キチンと治せない医療機関が

つける診断名

 

当院で

とっとと治して

しまいましょう

 

「椎間板ヘルニア」

「腰椎分離症」

「腰椎すべり症」

「腰椎分離すべり症」

「脊柱管狭窄症」

「変形性腰椎症」

このような

「骨」の診断名がついて

いつまでも治らない方

また

「手術」をしても

治らない方

 

こういった方は

「肉質を柔らかくする治療」が

必要です

 

わたしは

「骨」自体には

治療できませんが

「肉質を柔らかく」することで

ガラッと症状が良くなる症例を

今まで多数経験しています

 

あなたに

ドンピシャの治療法で

スッキリしましょう!

(^O^)/

【症例報告】「スプリッツで上半身反りやすく!」H.Kさん クラシックバレエ 広島県

2019.2.6

 

院長 みやもとです

_28A7303

 

【症例報告】

「スプリッツで

上半身反りやすく!」

H.Kさん

クラシックバレエ

広島県

 

もうじき発表会が近い

H.Kさん

 

H.Kさん

「スプリッツで

上半身を反らすポーズを

もっと柔らかく

ならないかしら。」

zb0Zr78j8o9BPRI1548847672_1548847685

わたし

「はいよ~!」

 

あるところに

治療して

即チェック

2lbuNWwnG17dwrv1548847840_1548847854

H.Kさん

「上が見やす~い!」

 

ではと

あるところに

鍼治療をして

即チェック

g6Y872RMeIqKM7r1548848075_1548848090

H.Kさん

「だいぶ上が見やす~い!」

zb0Zr78j8o9BPRI1548847672_1548847685

down-arrow02

g6Y872RMeIqKM7r1548848075_1548848090

わたし

「こんな感じでいいですか?

いろんなところいじったけど

みな少しづつ

こういった動きに

関与してるってことが

お分かりいただけたんじゃ

ないかな?」

 

H.Kさん

「はい!

発表会前に

また来ますね!」

発表会

コンクール

いろんな本番前は

しっかりメンテナンス

しときましょう!

(^_-)-☆

【症例報告】「右膝、右足首が痛い!」S.Mさん 中2女子 クラシックバレエ 福島県 いわき市

2019.1.8

 

院長 みやもとです

 

【症例報告】

「右膝、右足首が痛い!」

S.Mさん

中2女子

クラシックバレエ

福島県 いわき市

 

同時治療の弟くんは

尼崎でも

当院でも

治療経験あり

AG1I0915

ベッドに腰かけ

AG1I0916

右脚をクルクル回すと

AG1I0917

右膝が痛い

AG1I0918

と聞いて

AG1I0919

瞬時に治療法が

AG1I0920

頭を駆け巡る

AG1I0921

もちろん痛い膝には

AG1I0922

何もしません

AG1I0923

あるところに

AG1I0924

治療して

即チェック

AG1I0925

S.Mさん

「え!

痛くない!」

 

わたし

「はい!

楽勝!

はい

次行こう!」

 

お母さん

ニッコリ

(^o^)

 

ルルベすると

右足

外くるぶしが痛い

AG1I0926

これも

あるところに

治療して

即チェック

 

S.Mさん

「えぇ~!

痛くない!」

 

ここまで

30分

 

残った時間で

下肢全体をほぐし

バレエしやすくなる

鍼治療3点セットを

受けてもらい

本日は終了

 

また何かあったら

いらっしゃい

お大事にね

(^^)/

YAGP2019日本予選 お疲れさまでした!(^^)/ 松浦美命さん(松浦かがりバレエアカデミー)&加藤美海さん(Ballet Le Coeur)来院

2018.1.7

 

院長 みやもとです

_28A7245

 

昨年

兵庫県・尼崎市で

行われた

クラシックバレエの

世界大会の日本予選

youthamericangrandprix-logo

ユースアメリカグランプリ

2019

日本予選

2018 Youth America Grand Prix semifinals

コンテンポラリー部門

ジュニア 女性

第一位

松浦美命さん

(松浦かがりバレエアカデミー)

AG1I1296

年末に急遽

ご予約いただきました

 

右脚を後ろに上げる

左脚を前に上げると

左股関節前面が痛い

 

どこに治療します?

 

ダメですよ~

痛いとこに何かしちゃ!

(^_-)-☆

 

あるところに

マッサージ・鍼治療して

即チェック

 

わたし

「では動かして確認してみてね。」

AG1I1300

「えっ!?

痛くない!

大丈夫です!」

AG1I1301

隣のベッドで

同時治療中の

お母さん

松浦かがり先生

一安心

(^.^)

 

付き添いのご家族の方も

クタクタでしょうし

お忙しいでしょう?

 

ぜひセットで

診させて下さいね

 

一緒に治療すれば

時間も節約

帰りは皆

スッキリ!

(^^♪

お次は

youthamericangrandprix-logo

ユースアメリカグランプリ

2019

日本予選

2018 Youth America Grand Prix semifinals

クラシック部門

シニア 女性

TOP12

加藤美海さん

(Ballet Le Coeur)

AG1I1309

激戦のシニア部門

見事TOP12入りを果たし

ニューヨークファイナル出場

おめでとうございます!

\(^o^)/

 

右脚は

アラセゴンで

十分上がるが

AG1I1302

左脚が上がりづらい

AG1I1303

あれこれ

マッサージ・鍼治療するも

AG1I1304

治療効果がいまいちで

AG1I1305

時間切れ

(>_<)

AG1I1306

わたし

「ごめんなさい。

あんま変わんなくて…。」

 

美海さん

「いいえ。

先生の治療

後から効いてきますから

大丈夫ですよ。

足首の時もそうでしたし。

今は全然痛くないんですよ。」

 

わたし

「そ~お?

美海ちゃん

優しいなぁ。

でも

ホントごめんなさい。」

その後のコンクール

 

NBA全国バレエコンクール

中学3年の部

第1位

 

やったね!

おめでとうございます!

(^O^)/

2018年も

様々な症例に

向き合い

日々患者さんから

治療法の本筋を

学ばせていただきました

 

2019年も

「一隅を照らす」

心意気で

新たな治療法の開発に

心血を注ぎ

日々の臨床に

向き合います

 

難しい症例に

向き合える環境に

むしろ

感謝デス

(^_-)-☆

【症例報告】「20数年前から右股関節が痛い! 椎間板ヘルニア・臼蓋形成不全」S.Tさん 50代女性会社員 東京都 葛飾区 

2019.1.4

 

院長 みやもとです

_28A7284

 

【症例報告】

「20数年前から

右股が痛い!

椎間板ヘルニア

臼蓋形成不全」

S.Tさん

50代女性会社員

東京都 葛飾区

 

ホームページを

ネット検索され来院

 

20数年前から

右股関節が痛く

通われてた

整形外科での診断は

「椎間板ヘルニア」

または

「臼蓋形成不全」

 

ドクターからの指示で

ここ20数年

あまり

使わないようにしていた

ではと

治療開始

 

あるところに

マッサージ・鍼治療して

股関節のチェック

 

わたし

「待合室まで歩いて行って

戻ってきてください。」

 

S.Tさん

「うん!

違います!!」

 

わたし

「股関節

動かしてみましょうか。

では右へ。」

AG1I0914

「そうそう。

お次は左へ。

AG1I0913

やはり

こちらはまだ

硬いですね。

 

でも

ご心配なく!

まだまだ変わりますから

お楽しみに。」

 

あれから

数回の治療を経て

S.Tさん

「おかげさまで

すっかり

良くなりました。

 

今まで

20数年かばって

ずっと使ってこなかったのが

何だかバカみたい!」

 

わたし

「良かったですね。

 

ちゃんと

肉質を柔らかくすると

こんなに

良くなっちゃうんですよ。

 

整形外科さんでは

正確には

骨しか見てませんからね。

 

正しい治し方を

知らなければ

『使わないで。』と

言うより他ないでしょう。

 

これからは

いろいろ使って

念願の山登りにも

チャレンジですよ!」

 

S.Tさん

「先生のブログに載ってた

江部先生

(糖質制限の第一人者)

夏井先生

(湿潤療法の第一人者)

の講演

行ってきましたよ。

 

すごい勉強になりました。

 

ありがとうございます!

 

次の治療は

どうしたらいいですか?」

 

わたし

「調子が良さそうなので

一旦ご卒業でいいですよ。

 

具合悪くなったら

いつでも来てください。」

 

S.Tさん

「ありがとうございます!」

AG1I0998

当院以外の医療機関は

「肉質を柔らかく」

することが出来ないようです

 

おそらく

効果的な治療法は

知らないんでしょう

 

当院にいらっしゃる

患者さんから

よその治療法について

お伺いしますが

撫で回すような

マッサージや

ただ植えるだけの

鍼治療で

速効性や

持続性は

皆無みたいですね

 

他の医療機関で

「骨」の診断名がついて

いつまでも改善しない場合

当院で

「肉質を柔らかく」すると

みるみる症状が

改善する方を

今まで

たくさん見てきています

 

ほとんどの方が

初回から

その効果は

実感できます

 

治せるところで

スッキリ

治しちゃいましょう!

(^_-)-☆