【症例報告】②「脛骨の開放骨折後、足首が曲がりません」N.Aさん 40代女性会社員 競技スキー

2015.5.2

 

こんばんは

院長 みやもとです。

 

【症例報告】

「脛骨の開放骨折後、足首が曲がりません!

右足関節拘縮」

N.Aさん

40代女性会社員

競技スキー

Mikaela_Shiffrin_Beaver_Creek_jcd_

 【5診目 4/18】

60分治療

 

「調子いいですよ!

しゃがめるし!

でも

足首の前~内側の

違和感があります。」

 

【初診 2/11】

2S8O4174

【4診目 4/11】

2S8O4482

【5診目 4/18 治療前】

2S8O4536

「おぉ!いいねぇ!」

 

むくみも減って来たかな。

 

下肢のいろんなところに

マッサージ&PNFストレッチ。

2S8O4538

「ちょっ、ちょっと!

鍼打つの早くないですか~?」

2S8O4539

「鍼がいつも

治療の後半とは

限んないよ。

今日はむくみ対策に

『刺絡』も

してみようか。」

2S8O4540

糖尿病用の採血鍼

ファインタッチを使用。

2S8O4542

鍼はいちばん長く出す。

2S8O4543

井穴にバシッと

2S8O4544

血が出てきます

2S8O4545

ここから十数回

しぼります。

2S8O4546

「左より

右脚が

スッキリしてきたよ~!」

 

「滞った

古い血を

抜いたからね!」

 

こういった治療法も

ご用意してあります。

 

なお

この治療法に関して

ご意見のある

医療系の方は

「日本刺絡学会」

https://shirakugakkai.com/

こちらを

「すべて」

熟読下さい。