顔面神経麻痺

顔面神経麻痺

【症例報告】「顔の右半分が動きません! 顔面神経麻痺」N.C.さん 40代女性 自営業

今回初めて

この

【症例報告】を

患者さん自身に

作っていただいた。

 

というのも以前から

この症例報告を見た方が

安心して当院に

かかっていただくには

「こうして

こうなって

治りました」

だけでは不十分で

患者さんの気持ちも

表現できないものかと

考えたから。

 

特に

「顔面神経麻痺」の

患者さんは

「ご自身の症状の予後が不安」で

元患者さん自身が作られた

ブログを

よーくチェックしている。

 

では

N.Cさん

お願いします!

(^^)/

 

【症例報告】

「顔の右半分が動きません!

右側顔面神経麻痺」

N.Cさん

40代女性

自営業

 

<10/3 発症>

お昼過ぎ頃から

少しずつ顔の各パーツの動きが鈍くなる。

 

自分の顔に何が起きているのか

ただただ不安になり

ひたすらネットで調べ

夕方、耳鼻咽喉科へ駆け込む。

 

<10/4~11>

患側(右顔)は全く動かず。

 

舌の痺れ(違和感)酷い。

 

味覚は健側(左)で感じ取れるので

無味ではない。

 

ただ、味覚検査の結果としては

「塩味・酸味」は高度障害と出てしまい

患側(右)では全く味わえていない、らしい。

 

噛む動作に疲れを感じるのと

大きく口を開けられないため

食べられる物にかなりの制限。

 

右目から涙がやたらと出る。

 

右頬が持ち上がらないため

口を開けて笑うことだけでなく

話をすることすら難しい。

 

<10/12 初診>

しわ、強閉、片目、鼻翼、ホホ

口笛、口をイー、への字が出来ない。

 

軽い閉眼のみOK。

 

顔面(特にアゴ)を中心に

後背部辺りまでマッサージ。

 

施術後(帰路)に

患側である右顔~右耳にかけ

血流が良くなっているのを感じる。

 

帰宅して暫くすると

口を開けやすく、話がしやすくなる。

 

(あくまで感覚的なものなので

見た目的には全く変化なし)

<10/14 耳鼻科再診>

1014_01

『柳原法』と言われている検査で

6~8点。

 

(柳原法は、麻痺の状態を評価する方法で

40点満点中8点以下を

「完全麻痺」「重症」とし

回復までに3~6ヶ月と言われている。

 

が、実際には

回復度合いは人それぞれらしく

担当医師からは

「焦らず、ゆっくり治しましょう」

としか言われたことがない。)

 

『顔面誘発筋電図』検査では

34.42%。

 

予後診断を目的とした検査らしく

麻酔科の医師からは

「34%だったら必ず治るよ」と

心強い一言をもらう。

 

<10/15 二診目>

とくに変化なし

前回の鍼治療後

唇が中に入る感じがなくなった。

 

本日の施術直後に視界がクリアになる。

 

涙が止まったわけではないので

見えづらかったのは

涙目のせいではなく

かすみ目のせいだったと

施術後に気付く。

 

<10/17 三診目>

発症後、約2週間経過するも

右顔は相変わらず動かず・・・。

 

ただし、見た目とは違い

左に偏った口が

右に戻ってきていて

話やすくなっているのは確か。

 

昨日から

目の下に断続的な痙攣があり

動き始めの兆候であって欲しいと

心から祈る。

 

発症直後からあった耳閉感が取れて

耳抜きできるようになる。

 

耳首肩周りに「貼る温灸」を貼ると楽。

 

cocokarafine_4987475117081

<10/18~20>

目の下の痙攣している時間が

日に日に長くなる。

 

患側(右)上唇の内側に

グイーンと

耳の方へ引っ張り上げられる感じ有り。

 

三診目以降

舌の痺れが日に日に取れていく。

 

当然、右下の味覚も戻りつつある。

 

ちなみに

味覚復帰を最初に感じたのは

歯磨き粉のスースーとしたミント感じ!

 

20日は

口で測るタイプの体温計を

手で支えることなく

5分間、口だけで計測出来る。

 

遅々としているが

快方に向かっている実感を

少しずつ感じ始めた頃。

 

どんな些細なことでも

嬉しいし、幸せ。

 

<10/21四診目>

昨日の偏頭痛のせいか

今日は、首コッチコチ。

 

施術してもらい、帰宅した後

患側(右)の小鼻が

ピクピクと動かせている感じ有り。

 

とはいえ

鏡で見ると、1~2ミリ。

 

1023_01

<10/24 五診目>

健側は、心地良い痛みのマッサージも

患側の右顔は、痛くないところがない。

 

ただ、そのおかげか

本日は、夜になり

患側(右)の下唇に

リップクリームがぬれるようになる。

 

(今朝までは、健側に引っ張られてしまい

上手くリップクリームがぬれなかった。)

 

<10/28 耳鼻科再診/七診目>

14日振りの柳原法検査では

22~28点。

 

急激に点数が上がり

担当医師から出た言葉は

「良くなってきて、

本当によかったですね」っと。

 

心の中では

「良くしてくれるのが先生じゃないの?」

と、つぶやきつつも

口では「ありがとうございます」

と言ってみたりして。

 

同じ先生でも

宮本先生には、本当に感謝!

そして、本日も

しっかりマッサージ。

 

少しずつ頬が上がるようになり

微笑みが出来る予感。

 

1029_01

<11/3 発症1ヶ月>

1103_01

若干の強張りがあるものの

口を開けるのが苦ではなくなり

あくび、大笑いが出来るようになる。

 

歯を磨いた後に

手で押さえなくても

うがいが出来るようになる。

 

涙目がほとんど治まる。

 

トーストが食べられる。

 

(麻痺の症状が酷かった時には

大口を開けて食べる物は

食べ物と一緒に上唇を巻き込んでしまい

思い切り噛んでしまっていた。)

 

片目閉眼は

不完全ながらも

出来はじめてきた感じ。

 

出来ることが増えてきた一方で

笑った後

「イー」の口をした後

アクビをした後など

目の下に痙攣が出てしまうことがあり

後遺症の恐怖がよぎり始める。

 

〈つづく〉

 

ちょうだいしました

「123ベーグル」

おいしかったです!

2S8O1853

ありがとうございます!

(^_-)-☆

顔面神経麻痺患者さんの会

 先日のN.Cさんの初診時

彼女が予後について

とても心配されていたので

ちょっと先輩患者さんで

回復傾向にある

S.Aさんにお会いして

治療の事や心配なことなど

じっくり話し合っていただく

「顔面神経麻痺患者さんの会」を

開催しようと思いついた。

2S8O1099

そもそも

S.Aさんは

当院の患者さんで

ときおり肩こり寝違えギックリ腰で来院し

たなごころの特徴や私のことについても

良く存じ上げている。

 

またこのおふたりとも

かかっていた病院が

同じ老舗の耳鼻科に

行かれていたということも

話が合うかなと思った。

 

このお二人のお話を聞いて

同じ病院の対応が

同じ症状のお二人によって

どう違うのかも

興味深かったし

 

何より

S.Aさんが

良くなってきている事実を

N.Cさんが

目の前で確認いただき

そのご本人から

語っていただくことが

ある意味

最も信憑性のある

真実と思う。

 

担当ドクターから

「そのうち治るよ。」

何て言われても

このご時世で

そんなアバウトなこと

ありえないと思う。

 

「お二人が受けた

病院の治療」を

まとめます。

数時間待って3分診療。

一方的に説明されて流れ作業。

治療法の一つ

「混合ガス」は

この耳鼻科さんの

看護士さん曰く

「あんなのただの空気。効かないよ。」

この耳鼻科の鍼灸治療以外は認めない。

他の鍼灸院等の同意書は書いてもらえない。

【症例報告】①「顔の右半分が動きません 顔面神経麻痺」S.Aさん 40代女性会社員

2S8O1010

冷酒に

おにぎりが

合うっていうから

糖質制限中というのに・・・

うまい!

(^_-)-☆

 

 【症例報告】

 

「顔の右半分が動きません

顔面神経麻痺」

S.A.さん

40代女性

会社員

 

2S8O0987

鍼治療もいい感じ!

 

まだまだ

良くしますよ!

【症例報告】②「顔の右半分が動きません 顔面神経麻痺」S.Aさん 40代女性会社員

 

 本日は2時~11時まで

9時間すべて

ご予約で手一杯でした。

 

午前中の波乗りと

午後の仕事と

充実の一日でした。

 

感謝です

(^_-)-☆

【症例報告】②

「顔の右半分が動きません 顔面神経麻痺」

S.Aさん

40代女性会社員

 

 

顔面神経麻痺とは

「顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)」とは難しい病名ですが、顔面神経に麻痺が生じる病態です。様々な病気、外傷、原因不明などで発生するので鑑別が難しい場合があります。受診する科も、脳外科、耳鼻科、形成外科などいろいろな分野の診断、治療が必要となります。

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺。眉毛、眼瞼、頬、口に変形が生じます。

顔面神経が完全に麻痺すると顔面の表情筋と呼ばれる様々な筋肉が完全に麻痺します。眼瞼、頬、口など顔面が全体的に麻痺して下がった状態となり、眼瞼、頬、口を動かすことができません。

顔面神経とは

脳中央にある脳幹の一部で橋(きょう)とよばれる周りからすこし膨らんでいる場所から始まり、側頭骨の中を通り、頭蓋骨の小さな穴で茎乳突穴(けいにゅうとつこう)とよばれるところから外にでます。

顔面神経

顔面神経は脳幹から発生し側頭骨の中を通り茎乳突孔から頭蓋骨を離れ耳下腺を通り分岐します。

その後耳下腺の手前で二つに分かれて耳下腺の中を通ります。耳下腺の中で枝分かれしながら、前方に進み、側頭枝、頬骨枝、頬筋枝、下顎縁枝、頚枝に分枝しながら顔面の表情筋に到達します。

顔面神経

顔面神経は耳下腺の中を通り分枝しながら顔面の表情筋に到達します。

顔面神経の枝

上記の図の中に示しましたが、それぞれの枝が支配する筋肉によってその機能が異なります。

  • 側頭枝…眉毛挙上
  • 頬骨枝…眼瞼を閉じる
  • 頬筋枝…頬を挙上
  • 下顎縁枝…口を挙上
  • 頚枝…頚を挙上

 

顔面神経麻痺の分類

神経が障害される部位、原因により症状が異なります。
■中枢性顔面神経麻痺 大脳、脳幹に原因のある顔面神経麻痺で、脳梗塞、脳外科手術後などで発生します。
■末梢性顔面神経麻痺 大脳、脳幹以外の部位が原因となる顔面神経麻痺で、後述するベル麻痺、ラムゼイハント症候群、外傷などで発生します。
この二つの分類で大きく分かれますが、さらに病気の原因がはっきりしている具体的な病名がいくつかあります。
■ベル麻痺 原因不明の末梢性顔面神経麻痺で、側頭骨の中で顔面神経が障害される病気です。単純疱疹ウイルス(ヘルペス)感染との関連が疑われていますが、いまのところはっきりした原因は不明です。顔面神経麻痺の大部分を占める病気です。
■ラムゼイハント症候群 帯状疱疹の感染により、耳の近くの皮膚の水疱、顔面神経麻痺、耳痛、難聴、めまいなどの症状が生じる病気。皮膚の水疱が見つかればこの診断がつきますが、初期には水疱は生じません。ですので耳痛があればこの診断を常に疑います。
■中耳炎 中耳炎の炎症が側頭骨の中の顔面神経に波及すると顔面神経麻痺が発生します。
■ライム病 マダニに寄生するボレリアという細菌感染が、ダニに刺された後に生じる顔面神経麻痺の原因となることがあります。頻度として珍しい病態ですが、高熱、皮膚の遊走性紅斑が特徴です。
■脳梗塞 中枢性顔面神経麻痺の一番多い原因です。脳梗塞で顔面神経麻痺が発生したらすぐに救急車で、tPA治療(血栓を溶かす薬の治療)可能な病院に搬送する必要があります。
■脳腫瘍 神経鞘腫、血管腫、聴神経腫瘍、耳下腺腫瘍、転移性脳腫瘍などが顔面神経麻痺を起こす頻度の高い腫瘍です。
■脳外科手術後 手術に伴い顔面神経を切断する場合があります。可能であれば顔面神経再建を同時に行いますが、それば難しい場合術後に顔面神経を治療する手術の適応を考慮します。形成外科が担当します。
■側頭骨骨折 側頭骨骨折は高率に顔面神経麻痺を合併します。後述する神経伝達速度で大幅な異常があれば手術を考慮します。担当は脳外科、耳鼻科です。
■顔面外傷 骨折のない外傷でも顔面神経を切断したり、間接的に障害することがあります。特に直接神経を切断する可能性の高い刺創などでは顔面神経の評価を必ず行います。耳鼻科、形成外科で治療を行います。

顔面神経麻痺の症状

一つは顔面の表情筋の麻痺です。 眉毛が下がり、挙上ができなくなります。眼瞼を閉じることができません。頬が下がり、鼻唇溝が浅くなります。口角がさがり、食べたり飲んだりした物がこぼれます。 眼瞼が閉じれなくなるため、結膜炎、角膜潰瘍、視力障害などの合併症が発生します。 筋肉の麻痺以外では、味覚障害、唾液の分泌障害、聴覚過敏、耳介の後ろの知覚麻痺があります。

顔面神経麻痺の診断

■CT CTはX線を使用して人体の断面写真を作成する医療用機器です。CTは費用は数千円程度と安いですが、少量の放射線被爆があります。骨折の診断には有用ですので重傷の外傷では必ず施行します。
■MRI MRIは磁気を使用して人体の断面写真を作成する医療用機器です。被爆がないのが最大の特徴です。欠点は費用が約1万円程度と高額な点、狭い部屋に15分間ほど閉じ込められて、騒音が強いことです。脳外科の術後で体内に金属が残っている人、心臓ペースメーカー装着の人、閉所恐怖症の人などではMRI検査が無理なため、CTで検査を行います。 脳腫瘍、脳梗塞では必須の検査です。
■採血 ライム病ではボレリア菌に体する血中の抗体値を調べることにより確定診断がつくことがあります。帯状疱疹、単純疱疹でも抗体値の上昇により確定診断がつくことがあります。
■筋電図 まず知覚神経伝達速度を測定します。顔面神経が切断されている部位より中枢の顔面神経の速度とその部位より末梢の顔面神経の速度を比較して、末梢の速度が 低下していた場合、顔面神経麻痺と診断します。中枢の伝達速度が測定できない場合、反対側の顔面神経と比較します。また、筋力低下がある場合、障害のある筋肉の筋電 図に異常が出現します。

顔面神経麻痺の治療・リハビリ

■まずは原因疾患がわかっている場合その治療を行います。 ライム病ではミノマイシンの内服をします。1錠51円で1日2回服用します。後発薬では1錠28.9円です。 帯状疱疹に対してはバルトレックスを内服をします。1錠436円で1日3回2錠ずつ使用します。後発薬は1錠242.2円です。 脳梗塞ではtPA治療を考慮します。
■ステロイド 神経や周辺の組織の炎症を抑えることにより神経の再生を促します。
■神経再生薬 メチコバール ビタミンB12…障害された神経の修復を促進させる作用を持ちます。1錠21.1円で1日3回服用します。後発薬では5.6円のものが複数あります。4週間の服用で64%の改善率があります。副作用ですが、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、発疹などがあります。
■神経縫合術 完全に切断された顔面神経の場合、神経を縫合する手術が必要なことがあります。3日以内に手術を完了することが理想ですが、いろいろな理由で後日に行われることもあります。
■顔面神経麻痺つり上げ手術 治療を数年行って改善のみられない顔面神経に対しては手術が必要な時があります。つり上げ手術と筋肉移植の2種類の手術があります。つり上げ手術は眼瞼、口角、眉毛などを手術で挙上する手術ですが、運動機能の獲得はありません。顔面以外の場所を手術しないこと、時間がかからないこと、年齢による差が少ないことがこの手術の利点です。担当は形成外科です。
■顔面神経麻痺筋肉移植術 顔面以外の部位の筋肉を顔面の表情筋の部位に移植して、健康側ないし患側の顔面神経とつなぐことにより完全に麻痺した顔面神経の機能の獲得を目標とします。筋肉としては広背筋、腹直筋などの筋肉が使用されます。手術時間が長いこと、入院が必要であることなどからあまり普及していませんが、今後この手術の増加が期待できます。
■顔面神経麻痺のリハビリ 進行した顔面神経麻痺では顔面の表情筋が萎縮してきます。衰える筋肉に対するリハビリが重要となります。通常はマイルドに筋肉を動かして、筋肉の萎縮を防ぎます。自宅でリハビリを続けることが可能です。初期のリハビリ訓練を専門家から受けることが薦められます。

 

 

 

初診の数日前に

診療内容についてご相談。

「耳鼻科に行ってもらちが明かないので

近くで信頼できる

たなごころで診てもらいたいです。」

 

「慣れない症例ですが

診させて下さい。

 

このような症例だけでなく

そのうち治る

原因不明

こういったものは

「筋肉のコリ」が原因だと考えます。

 

Sさん

お仕事とってもがんばってますよね。

 

眼・口の筋肉

表情をつくる筋肉

こういったところが

疲れ切っているかもしれません。

 

また

がんばっている方に多くいる

「食いしばり・噛み締め・歯ぎしり」など

顎・首の筋肉も

疲れて硬くなってます。

 

このような筋肉の間を縫って

顔面神経が走行しているので

筋肉が硬くなると

神経を絞扼して(締め付けて)

麻痺の症状が出て来るものと

私は考えます。」

 

<9/26初診>

 

味覚も今はOK

右ほほ動く

使いすぎて痛い

右首痛い

まゆげ少しあがる

コリの確認程度に軽目のマッサージ

 

<9/29二診目>

 

まぶた動くように

口角動くように

本日は鍼治療も

2S8O0987

今日はしっかりマッサージ。

 

<10/3三診目>

 

お風呂入って左首痛い

朝こわばり→夕方OK

背部から後頭部にかけても

しっかりマッサージ。

 

<10/6>

 

後頭部痛む

眼疲れ

全体的に硬く感じる

まぶた口角とも動かしづらい

風呂で後頭部をほぐすと良い

右眉毛上のツボを押すと

気持ちよく

目・耳・ほほの方へ放散する感じ。

 

<10/8>

 

今日まで夕方までOK

左に疲れ

眉間にしわOK

 

<10/10>

 

眼閉じる

口閉じる

違和感あるも

力が入るように

続きます。

 

【症例報告】③「顔の右半分が動きません 顔面神経麻痺」S.Aさん 40代女性会社員

【症例報告】③

「顔の右半分が動きません 顔面神経麻痺」

S.Aさん

40代女性会社員

 

<10/13>

 

右まぶたピクピク

頸の後ろゴリゴリで改善

まぶた・ほほの重さ感じやすい

口「イー」でホホ下硬い

 

<10/15>

 

両眼の疲れ

右まばたき遅い

ほほ内下重い

鼓膜がフルフルする感じ

鍼打って

カップラーメン食べたら

治る。

 

<10/17>

 

昨日眼つらい

乾燥かな?

右ほほ硬い

天気かな?

今日は大丈夫?

ほほ上がりようになってきている。

口角上がるけど「ウ」は右弱い

 

<10/20>

 

今日は

紫色の長い鍼で

側頭筋や胸鎖乳突筋にも

刺鍼。

2S8O1128

今日のお昼頃まで絶好調

「にぃ~」もOK

午後になるにつれ

背中から引きつれる。

笑ったらずれが生じる。

家で肩動かしたら

少しまし。

 

<10/22>

 

笑うとほほ硬い

ウインクしやすい

眼精疲労は

風呂で戻る。

大あくびできるように

水漏れしない。

 

当院にいらっしゃる前に

K病院に行かれた。

 

状態が良くなったSさんを見て

驚いた表情で医師はそう言った。

 

「もう来なくていいよ。」

 

この医師

ちょうど1か月前

「全治6か月。」

と言い切った。

 

この話を聞いて

 

「どうだ! ざまみろ!」

 

この医師の目の前で

飛び上がって

そう言ってやりたかった。

2S8O1143

プリンごちそうさまです!

(^_-)-☆

【症例報告】④「顔の右半分が動きません 顔面神経麻痺」S.Aさん 40代女性会社員

10/27

 

「ウー」で

唇がひっくり返らないのが

良くなっている。

 

ホホが硬い時と

柔らかい時がある。

 

唇を左右に引っ張ると

右あごに痛み。

右口角の伸縮性がない感じ。

 

涙の出る出ないはなくなった。

 

右目ウインクできる。

 

 マッサージの痛みで

足がこうなっちゃう。

2S8O1205

10/28

 

唇横に前より開く。

 

「ンー」OK。

「イー」唇の返りややOK。

しすぎるとピクピク。

 

うーんと伸びたときの

耳の奥ジーンが耳まわりにあったけど

軽減。

 

腰昨日10時間寝た。

一気に軽い。

 

ウインクすると

左鼻翼にしわあり。

右鼻翼にはしわなし。

 

10/31

 

右眼閉じて

しわ入るようになった。

 

いつもの表情はOK。

 

普段しない表情をすると

ほほの突っ張り(+)

 

寝不足による

(6時間以下)

症状の悪化に

強くなっている。

 

11/4

 

前回の鍼治療後

3時間ほどはすごく良かった。

 

夕方になると

寝不足・疲労感出てくる。

 

と言うことなので

健側も含めて

本日は34本刺鍼致しました。

2S8O1609 2S8O1612

11/7

 

「ウー」すると

口の中をかむ。

 

そこからの戻りがゆっくり。

 

ホホも同様。

 

唇を「ウー」から丸めると

「ン」反応(ー)

【症例報告】S.Aさん 顔面神経麻痺 その後の経過

2015.2.26

 

こんばんは。

院長 みやもとです。

 

 【症例報告】

S.Aさん

40代女性会社員

顔面神経麻痺

 

昨年発症した

顔面神経麻痺。

 

あれから経過は順調です。

 

とってもお忙しいようですので

疲れがたまると

顔がピクピクして来たり

コリ感を感じることがあるよう。

2S8O3061

右側を中心に

マッサージと鍼治療で

しっかり芯から

ほぐしていきます。

【症例報告】「右顔半分が動きません! 顔面神経麻痺 ハント症候群」H.Rさん 30代男性会社員 千葉県 千葉市

2017.2.22

 

こんばんは

院長 みやもとです

 

【症例報告】

「右顔半分が動きません!

顔面神経麻痺

ハント症候群」

H.Rさん

30代男性会社員

千葉県 千葉市

 

顔面神経麻痺

ハント症候群が

早く治る方法はないかと

ネット検索され

来院

 

1/12  発症

1/13  脳神経外科受診

 

わたし

「行かれている脳神経外科さんは

何と言われてますか?」

 

H.Rさん

「いつ治るとか

何も説明無いです。

ただ薬(メチコバール)が出てきて

また来てねって感じです。」

 

わたし

「もうちょっと

説明はないのかな~?

うちは

ホームページ見ての通り

1ヶ月くらいで

良くなりますよ。」

こういった

「末梢神経麻痺」

「末梢神経障害」系の疾患は

時間の経過と共に

自然治癒することが多いとされている

 

このような

麻痺や痺れの疾患の正体は

単純に麻痺しているという神経が

通過する筋群

また

痺れているところの筋群が

一時的に

硬くなっているだけの事

 

このような疾患も

当院の

「肉質を速やかに柔らかくする」技術で

治癒期間を

大幅に短縮することが可能

 

【1診目 1/23】

水はこぼすことなく飲めるが

涙が少しこぼれる

 

顔・頚・顎に

マッサージ・鍼治療

AG1I3169

 

【2診目 1/27】

 

わたし

「いかがですか?」

 

H.Rさん

「少し動くようになってきました。」

 

今回も同様に

顔・頚・顎に

マッサージ・鍼治療

 

さらに

「揉まれてツーンと痛いところ

ここをご自身で

セルフマッサージしてください。

さらにこうやって顎のストレッチも。」

 

【3診目 2/3】

 

H.Rさん

「もうだいぶ調子いいです。」

 

わたし

「良かったですね。

ではご卒業ですね!

ブログに出て下さいね。」

 

 

我々のような

治療技術があれば

薬に頼るだけよりも

遥かに著効が得られる

(^_-)-☆