【118】〖お昼のつぶやき〗現在の症状とスポーツ歴との因果関係

2021.12.16

 

院長 みやもとです

 

〖お昼のつぶやき〗

 

かつて
スポーツなどで
よく使っていた筋肉が
使われなくなると
一般的には
「筋肉がやせた。」
と言われますが
 
それに加えて
筋肉がカチカチに
凝ってしまっています。

 

使っていたころは
血行もよく
筋肉もしなやかだったはずです。

 

ところが
使われなくなると
徐々に
カチカチに凝ってしまうようです。

 

使っていた時は

しなやかだった

筋肉という「鎧 よろい」が

使われなくなって

錆びてカチカチになってるんです。

 

つまり
よく使っていたところは
その後も継続的に使うか
ケアする
必要性があるということです。

 

若いころに
ウインドサーフィンをされていた
会社社長の場合。

 

右肩が挙がらず来院。
肩周りの筋肉が
カチカチです。

おまけに
ガッチリとボリュームもあります。

 

ウインドサーフィンは
腕を身体へ引き寄せる
動作が多いですね。

背中の筋肉が
みごとに発達して
そのままカチカチに
凝っています。

 

右の衣服のわきの下を
左手でつまんでみてください。

そこから
右手が上に挙がりますか?

挙がりづらいですよね。

このようなことが
この患者さんの身体に
起きています。

 

他の部位の病態も
このようなメカニズムで
発生していることが
多いです。

ですから
当院の問診票に
現在・過去の「スポーツ歴」の
記入欄があります。

 

てことは
「放送部」だった人は
そんなに
ケアしなくっても大丈夫。

「運動をしないといけないのかなぁ?」

そんなことはありません。

 

死ぬまで
運動らしい運動をしない方も
大勢いらっしゃいますから。