【55】〖お昼のつぶやき〗「こちらに来てから掛かる感覚がだいぶ開くようになりました!」

2021.9.20

 

院長 みやもとです

 

〖お昼のつぶやき〗

 

「こちらに来てから

掛かる間隔が

だいぶ

開くようになりました!」

 

 

20数年前から

右股関節が痛かった

S.Tさん

 

 

通われてた

整形外科での診断は

「椎間板ヘルニア」

または

「臼蓋形成不全」

 

 

ドクターからの指示で

ここ20数年

あまり

使わないようにしていた

 

 

以前のブログ

2019.1.4

 

 

院長 みやもとです

 

_28A7284

 

【症例報告】

「20数年前から

右股が痛い!

椎間板ヘルニア

臼蓋形成不全」

S.Tさん

50代女性会社員

東京都 葛飾区

 

 

ホームページを

ネット検索され来院

 

 

20数年前から

右股関節が痛く

通われてた

整形外科での診断は

「椎間板ヘルニア」

または

「臼蓋形成不全」

 

 

ドクターからの指示で

ここ20数年

あまり

使わないようにしていた

ではと

治療開始

 

 

あるところに

マッサージ・鍼治療して

股関節のチェック

 

 

わたし

「待合室まで歩いて行って

戻ってきてください。」

 

 

S.Tさん

「うん!

違います!!」

 

 

わたし

「股関節

動かしてみましょうか。

では右へ。」

AG1I0914

「そうそう。

お次は左へ。

AG1I0913

やはり

こちらはまだ

硬いですね。

 

 

でも

ご心配なく!

まだまだ変わりますから

お楽しみに。」

 

 

あれから

数回の治療を経て

S.Tさん

「おかげさまで

すっかり

良くなりました。

 

 

今まで

20数年かばって

ずっと使ってこなかったのが

何だかバカみたい!」

 

 

わたし

「良かったですね。

 

 

ちゃんと

肉質を柔らかくすると

こんなに

良くなっちゃうんですよ。

 

 

整形外科さんでは

正確には

骨しか見てませんからね。

 

 

正しい治し方を

知らなければ

『使わないで。』と

言うより他ないでしょう。

 

 

これからは

いろいろ使って

念願の山登りにも

チャレンジですよ!」

 

 

S.Tさん

「先生のブログに載ってた

江部先生

(糖質制限の第一人者)

夏井先生

(湿潤療法の第一人者)

の講演

行ってきましたよ。

 

 

すごい勉強になりました。

 

 

ありがとうございます!

 

 

次の治療は

どうしたらいいですか?」

 

 

わたし

「調子が良さそうなので

一旦ご卒業でいいですよ。

 

 

具合悪くなったら

いつでも来てください。」

 

 

S.Tさん

「ありがとうございます!」

AG1I0998

当院以外の医療機関は

「肉質を柔らかく」

することが出来ないようです

 

 

おそらく

効果的な治療法は

知らないんでしょう

 

 

当院にいらっしゃる

患者さんから

よその治療法について

お伺いしますが

撫で回すような

マッサージや

ただ植えるだけの

鍼治療で

速効性や

持続性は

皆無みたいですね

 

 

他の医療機関で

「骨」の診断名がついて

いつまでも改善しない場合

当院で

「肉質を柔らかく」すると

みるみる症状が

改善する方を

今まで

たくさん見てきています

 

 

ほとんどの方が

初回から

その効果は

実感できます

 

 

治せるところで

スッキリ

治しちゃいましょう!

(^_-)-☆

当院では

同じ患者さんを

何度も通わせない

 

1回目から

即効で

変化させることが

出来るから

 

もちろん

お時間のかかる方はいる

 

でも

同じ患者さんを

何度も通わせて

利益を上げるのではなく

 

たくさんの

患者さんを即効で

変化させ

早くご卒業いただき

また

たくさんの患者さんを

診る

 

そういうサイクルを

良しとしたい

 

患者さんで

あふれかえって

何時も混んでる

医療機関は

本当に腕がいいのか

 

ただ単に

治らない患者さんが

永遠通って

ただただ

込み合っているだけか

確認した方が良いだろう

 

わたしは

何度も通わせたら

自らヤブと

言っているようなもんだと

思ってる

 

金のために

自分の魂を

売ったりはしない

 

本当に良くなれば

通院回数は減っていき

通院間隔は

空いていくものだから

 

患者さんが

本当に良くなって

たなごころから

卒業していく

 

それを

患者さんと

喜びたい

 

もちろん

いつも

一生懸命で

いつもガタガタで

毎週

2週おきと

よく通ってくださる

患者さんもいる

 

こういう方は

肉体的なストレスも

さることながら

精神的なストレスも

かなりのもの

 

とっとと治すと

自分の仕事を

減らすことになる

 

なかなか治さず

なかなか治せず

予約を先の先まで

埋めてしまえば

金は入るが

肝心の治療技術は

手に入れられるのだろうか