〖お昼のつぶやき〗わたしのメンテナンスはスタッフのメンテナンス

2019.7.29

 

院長 みやもとです

 

 

〖お昼のつぶやき〗

 

空いた時間は

スタッフにしっかり

メンテナンスしてもらう

AG1I1432

おかげさまで

2018年は

ほとんど

揉んでもらうことも

ないくらい

毎日忙しかった

 

次回のサーフィンに向け

気になるところ

自分の手の届かないところは

しっかり診てもらう

 

この時間は

スタッフのマッサージの

練習もかねている

 

わたしは

基本教えない

 

ある程度

経ってから

ちょこっとだけ

教える

 

我々の商売は

「感覚の商売」

 

紙のマニュアルや

動画など見たところで

感覚まで

分かるはずもない

 

爆発的な仕事時間を

熟(こな)さないと

分かるようにはならない

 

患者さんの筋肉の状態を

いちいち

揉み揉みしたり

撫で回したりしなくても

わたしの

たなごころ(掌)は

患者さんの身体に

そっと置いた瞬間に

スゥ~と

筋肉の硬さ&柔らかさが

伝わってくる

 

こういう感覚のない者に

いくら治療理論や

マッサージのテクニックを

教えたところで

わたしのように

治せるわけがない

 

治療中に

得られる情報量が

まるで違うのだから

AG1I1430

自身の感覚は

自分でしか作れない

 

そこは

自分自身で

毎日毎日

集中し続けて

長年かけて

ようやく分かってくる

 

わたしと

共通の患者の

治療の話をするのは

ベテランにならなければ

不可能

 

よって

知っていることと

治せることは

違うということになる

 

知ってても

感じないと

治せない

 

感じるか?

 

これは

学校や

一般的な医療機関では

教えることは

出来ないだろう

 

型通り

流れ作業みたいな

授業

ルーティンワークで

1人1人微妙に違う

患者の肉質を

感じている時間など

あるはずもない

 

感じる者だけが

感じる者を

つくることが出来る

 

わたしのメンテナンスは

スタッフのメンテナンス

AG1I1431