◆『試みの地平線』

鍼灸師の学校の学生さんは
あんたが患者さん?てくらい
繊細な方が多い。

 

柔道整復師の学校とは大違いで
こちらは柔道をはじめとした
体育会系の巣窟。もち草食系もいるんだけど

鍼灸師の学校と比べて一握り。
資格を取りたいのは分かるんだけど
捻挫もしたこともない
骨折もしたことない
脱臼もしたことない
接骨院にかかったこともない
ケガをしたこともない
お前そんなんで
患者さんのことわかんのかよと思う。 

まぁ
ケガの無い人生の方が
幸せかもしんないけど。。。

鍼灸師の学校では
割と鍼灸で救われた
元患者さんが多い。でも
自分にもっとバンバン刺せよ
と思う。

自分に刺して
どんな感じか
試してみろよ。

患者さんに刺す前に
手前に刺せねえで
どうすんだよ。

知らないことを
行動を起こさないことを
恥ずかしいと思えよ。

と同級生を見ながら
思っていた。

 

ハードボイルド作家・北方謙三が
「ホットドッグ・プレス」誌で
連載していた
青春人生相談コーナー

https://media.excite.co.jp/book/news/topics/059/p01.html
https://simon.txt-nifty.com/blog/2005/09/post_b3a2.html
試みの地平線_1
【念のため、画像を一部編集してあります。。。】

 

頭で考えるな!
まずはやれ!!

習うより慣れろ!
身体で覚えろ!!

そういうことだろう。

いちいち
学問学問しねーで
とっとと
自分でやってみるか
実際に治療してもらうか
治療してるとこを見学するか

ネットサーフィン
してる暇があったら
とっととやりやがれ!

今見えてる
その地平線の向こうが
見たくないのかよ!

北方先生のお話しついでに

男女の営みを考えると
同じ物がついてても
その反応は
ホント人それぞれ。

治療だって同じ。

簡単に
あなたは
〇〇タイプなんて
分類すること自体
バカバカしい。

目の前の
パートナーの為に
いろいろ考えて
一生懸命やるんでしょ。

それでいいじゃない治療だって。