マッサージについて

マッサージについて

当院のマッサージ治療

bgbody_01

当院のマッサージは
治しも癒しも出来ます。

多くの
「マッサージ屋さん」は
癒しのマッサージを

重ねて続けていると
治るとお考えのようですが
それでは治りません。

治しのマッサージには
癒しのマッサージにはない
技術が必要です。

 治療が

やや痛く感じるかもしれません。

それは強く押しているのではなく
「コリ」のある硬いところを押しているので
どうしても痛く感じてしまうのです。

この「コリ」を取らないと
症状は変わりません。

「コリ」がある
硬い「スジ肉」を
やわらかい「上カルビ」に
速やかに変えたいのです。

ただ揉むだけでなく

柔らかい肉質に変えたいのです。

決して
「コンニャロ!」的に
押しているわけではありません。

すっごく痛いかもしれませんが
狙ったところに
遊びがないように
体重をそっと
乗せているだけなんです。

ですから
きちんと「コリ」が

ほぐれてくれば
治療は痛くなくなります。

数回治療に来ていただいた皆さんは
「初回は痛かったけど
段々楽になって来ました~。」
そうおっしゃいます。

「痛いのは絶対イヤ!」と

いう方もいます。

大丈夫です。
あらかじめお申し出ください。

加減して治療したり
痛みの発生しない治療法で
対応させていただきます。

マッサージで痛みが取れるの?

痛みがある急性症状などに
マッサージが効くのか?

という 質問を

患者さんから頂くことがあります。

マッサージ自体を

どのように理解してらっしゃるか
または
どのような種類のマッサージを

受けたことがあるかにもよりますが
マッサージが

治療にも慰安にもなる

ということです。

いわゆる
「温泉マッサージ」や

「リラクゼーション」
「アロママッサージ」のような
一定時間横になって

「お疲れ様でした」というもの
しか受けたことがなければ
想像つかないかもしれません。

身体のいろんなところに手を入れ
その都度チェックしていくと
痛みがみるみる取れていく感じは
ちょっと不思議な

全く別物に感じられるハズです。

もちろん
痛いところは
マッサージしませんよ。

一般的な医療機関に通われたことがあれば
足の捻挫であれば
湿布をして包帯などで固定します。

この方法ですと
痛みがとれ包帯を除去すると
関節が固くなっていて
機能的に動くというには
まだ治療時間が必要になり
結果的に実践復帰が遠のきます。

つまり
痛みの治療と
機能面の治療と
分けられている治療方法です。

「古傷が痛む」
「ギックリ腰を繰り返す」
ということがありますが
これは
痛みの治療が
痛みをとるだけで終わり
周辺の軟部組織(筋肉・靭帯)
に固さが残っていて
体調が悪くなったり
気候が悪くなると
痛みが出てくるものと
考えています。

痛みの治療で
何らかの固定をしたら
機能面の治療もしないと
関節が受傷前より
固くなってしまうこともあります。

これらは
薬や電気治療
生半可なマッサージなどでは
取れないでしょう。

当院のマッサージ治療や鍼治療は
急性症状の治療の
痛みをまず軽減し

機能面の治療に
早期に移ることで
治療時間の短縮はかり

「古傷化」もしくは
「慢性化」することを
防ぎます。

指以外はポキポキしません

E38197E381ABE3818CE381BFE799BBE5A0B4

首・腰は

ポキポキ

ボキボキ

しません。

 

私は以前に

そうされて

手足が数日しびれたことがあり

このような施術を

良く思っておりません。

 

このような施術は

ポキポキすると

一時的に

「すっきりした感じ」が

するだけなのだと思います。

 

ですから

私はこのような施術を

採用しません。

 

手足の指は

肉質が悪くなって

硬くなってくると

詰まって来ます。

 

動物は末端に

ベクトルを向けて

動かして生きています。

 

その末端が緩いと

動き自体も

軽く感じられるものです。

 

ですから

手足の指は

ポキポキします。

揉み返しについて

当院では
筋肉の凝りについて
表面の浅い場所だけでなく
奥の深いところにある凝りにまで
しっかりとアプローチします。

なぜなら多くの方が
何かしらの症状(たとえば肩こり・腰痛など)が出て
リラクゼーションや接骨院などの通われた末に
あまり症状が改善せずに(治療後2~3日で元に戻るなど)
来院されることが少なくありません。

そのような方に共通して言えるのは
奥の深い所にある凝りが
取りきれずにそのまま残っているということです。

そして
奥の深い所にある凝りまで緩めることにより
訴えられている症状がより効果的に変化するのです。

そのため硬くなった筋肉(凝り)を
揉みほぐすことにより
あなたの身体を
外から強制的に運動させているのと
同じ状態となり
筋肉痛に似た状態に
なる事があります。

これを一般的には
「揉み返し」といいます。

揉み返し自体は
数日経てば解消しますし
一度出てしまえば
そうそう出るものではありません。

「揉み返しを出さない方がいい。」
「揉み返しを出すなんて、下手な証拠だ。」
様々な意見がありますが
当院では
「揉み返しの出る出ないは
患者さん個人の体質・体調、施術者との相性
によるものも考えられ
揉み返しを出さないように施術することを
優先するのではなく
はやく治療効果が得られることを優先する」
と考えます。

それでも絶対
「揉み返し」は嫌だという方は
お申し出くださいね。

気持ちいいマッサージ

当院は
痛い治療しかしないと
思われていますが、
いえいえ
気持ちいいマッサージも得意です。

641

グースカ

うっとり

気持ちいいマッサージも

受けてみてください。