【症例報告】「首に激痛が走ります!!」K.Hさん 30代女性 妊娠3ヵ月 東京都 葛飾区

 

 

2019.7.27

 

こんにちは

スタッフの外間です

 

【症例報告】

「首に激痛が走ります!!」

K.Hさん

30代女性

妊娠3ヵ月

東京都 葛飾区

 

妊娠3ヵ月のK.Hさん

 

現在切迫気味で

担当医には

横になって

安静を強いられている

 

そんな中ある日

首が痛くなり

その翌日には激痛に…

 

そこで以前から

当院の前を通り

認識して下さっていた

と言う事でご来院

 

ご自宅はそこまで

遠くは無いが

切迫中と言う事もあり

ご主人さんに車で

送っていただいた

 

さっそく首の調子を診ると

痛くてほとんど動かせない

 

横になるのも痛く

今じゃぜんぜん寝つけない状態

 

なのでまず最初は

ベッドに座っていただき

軽くほぐしていく

 

少し可動域が出てきて

動かせるようになってから

今度は横になってマッサージ

 

仰向け時は

お腹が張るとのことで

膝を曲げていただく

 

 

写真の通り

まだ3ヵ月と言う事で

そこまでお腹は

大きくなっていないが

本人の希望もあり

うつ伏せ時は

妊婦さん用のお腹まくら

 

 

を使用して

あらゆるところを

ほぐしていく

 

最後首の動きを

確認していただくと

 

「あ~軽い!痛くない!

治療中からもう寝てて

痛くなくなっていました!!」

 

よかった(^^)v

 

3週間後に

2診目のが入り

調子を伺うと

 

「まだ切迫中で

ずっと横になっているからか

まただんだん首が

張ってきました…

けど前回みたいに

痛くて寝れません

ってほどでは無いです!!!」

 

またそこまで

ぶり返さなくて

よかったです

 

寝ている時間が長いと

身体を動かさない分

どうしても

あっちこっちが

硬くなってくる(>_<)

 

特に妊婦さんのお身体は

日に日に変化していくので

その時その人に合った治療が大切

 

皆さんの不安要素を

ひとつでも多く取り除いて

出産を迎えられるように

ぜひお手伝いさせて下さい(^_-)-☆

〖お昼のつぶやき〗出産・産後に備えて 安定期に入ったら しっかりお手入れ

2019.7.8

 

院長みやもとです

 

〖お昼のつぶやき〗

 

妊娠中・産後の治療

妊娠中・産後の

肩こり・腰痛など

身体の不具合を

一体どこで診てもらったら

いいんだろう

 

お任せください

 

今までたくさんの患者さんを

診させていただいております

 

当院のホームページを

ご覧になった方や

近くの産婦人科に通院の方が

治療に見えてます

asdfrewa

妊娠中にマッサージ・鍼灸など

受けてもいいのでしょうか?

 

産後の骨盤矯正はできますか?

 

こちらの2点について

多くのお問い合わせを

いただいております

 

①について

 

妊娠前から

当院に通っていた方

また

マッサージ・鍼灸を

受けてた方は

ごく普通に

治療にいらっしゃいます

 

これらの治療を受け

体調管理することが

「日常」だからです

 

いままで

何もなかった方が

妊娠を気に初めて

肩こりや腰痛

むくみなどになる方も

多くいらっしゃいます

 

不安で仕方ないでしょう

 

妊娠自体に個性があり

皆さん違います

 

妊娠中・産後の治療に

慣れてはおりますが

気配り・目配り・心配りで

日々刻々と変わる

患者さんの状態に合わせて

その日一番の治療が

出来たらと考えています

 

骨盤周りは

およそ10か月

刻々と大きく変化し

痛みに耐え

クタクタでしょう

 

妊娠・出産を

スポーツに例えると

妊娠中は

おなかの赤ちゃん

ご自身の体調を

気にしながら

出産に向けて

およそ10か月

マラソンしてるようなもので

 

出産は

痛みと不安に耐えながら

100ダッシュするような

ものでしょうか?

 

妊娠・出産は

持久力・瞬発力のいる

スポーツかもしれませんね

 

このように

お身体がクタクタの状態で

数か月

寝不足の中

お子さんの

お世話・授乳が

待ってます

 

妊娠し安定期に入ったら

出産・産後に備えて

一度メンテナンスに

来て欲しいですね

 

授乳が落ち着いて

ようやく

治療にいらっしゃる多くの方は

「えっ⁈

妊娠中から治療受けれるの?

ずっと我慢してた~!

早く来ればよかった~!!」

 

骨盤周りを整えることで

骨盤自体

足腰の動きまで

その場ですぐに

変えています

 

当院は

整形外科疾患を中心に

全国から

患者さんが来院する

治療院です

 

一般的な医療機関で

良くならない

治らない患者さんが

毎日たくさん来院されています

 

お困りのようでしたら

ぜひ当院で

治療を受けてみてください

 

お問い合わせは

いつでもどうぞ

(^^)/

【症例報告】「先週ギックリ腰になりました!!」M.Nさん 20代女性 妊娠5ヶ月 千葉県 我孫子市

 

2019.6.29

 

こんにちは

スタッフの外間です

 

【症例報告】

「先週ギックリ腰になりました!!」

M.Nさん

20代女性

妊娠5ヶ月

千葉県 我孫子市

 

1週間前に

ギックリ腰になった

妊娠5ヶ月目のM.Nさん

 

1週間経っても

痛みが無くならず

仕事帰りに

常磐線を途中下車し

お越し下さった

 

痛みの確認をすると

1:前屈→右腰

2:後屈→腰の真ん中

3:右側屈→左腰

4:左回旋→左腰

にそれぞれ痛みが出る

 

これらの痛みが

まず取れるように

治療を開始

 

M.Nさんのお腹は

5ヶ月目でこんな感じ

 

 

少しぽこっと

してきていますね

 

このくらいの大きさでも

妊婦さん用のお腹まくら

を使いうつ伏せで

ある筋肉をアプローチ

 

静かにマッサージの

痛みに耐える…

 

頑張って受けていただいた後に

最初と同じ1~4の

腰の動きのチェック

 

「…あぁ~痛くないです!!」

 

良かったです(^_-)-☆

 

妊婦さんは

周期を重ねるごとに

お身体への負担が

どんどん増していく

 

なので

最寄りの医療機関で良くなれば

その分負担も少なく

好ましいのだが…

 

もしどうしようもない時は

ぜひまた診させていただきたいです

 

行きは辛いと思いますが

帰りはスッキリですよ(^_-)-☆

 

皆さんのご出産が

少しでも負担なく

終えれるようなお手伝いが

出来ればと思っております

 

予定日1週間を過ぎた方から

産後1週間で

メンテナンスに

来られた方もいます

 

出産前後は

何が起こるか分かりません

 

何か気になることや

お困り事がある方は

ぜひご相談・お問い合わせ下さい

妊娠中のうつ伏せのマッサージ

うつ伏せでの

治療が気になる方は

このような

クッションを使って

治療します

 

「あぁ

全然うつ伏せに

なってないから

背中のマッサージが

もう最高!!」と

うっとり

治療を受けられる方

たくさんいらっしゃいます

(^^♪

腰は揉まれたくありません

ご心配なく!

腰痛の患者さんの

「腰」を揉まなくとも

腰痛は取れます

 

詳しくは

ホームページトップ

初めての方へ

患部だけの治療では良くなりませんよ!

をご覧ください

いつから治療は受けられますか?

妊娠中は

安定期に入られてからが

安心ですよね

 

でも

「それまで待てない!」

という方は

ぜひ診させて下さい

 

そのような方も

たくさん診させて

いただいておりますから

 

産後は

1ヶ月ほどで

お見えになる方が

多いです

 

先日は

自宅に往診

出張治療して下さい

という産後4日の方も

いらっしゃいました

 

ご自身のお身体と

相談してみてくださいね

いつまで治療は受けられますか?

臨月まじかの方も

いらっしゃいます

 

「来週も予約入れとくけど

来なかったら

生まれたと思ってね。」

こんな方や

 

「出産前に軽くなりたいの。」

こんな方も

 

ご自身の身体と

相談してみてください

妊娠中の腰痛は、どこにかかったらいいのか?

妊婦さんの腰痛の治療は

街中のマッサージ屋さんは

お断りしますし

 

担当の産科のドクターも

湿布を張って

安静に程度

 

整形外科では

レントゲン撮影が

出来ないので

診断が出来ず

これまた湿布くらい

以前勤務してくれた

女性スタッフ伊藤に

葛飾区内の整形外科さんに

電話で聞いてもらいました

 

『妊娠中の腰痛を診てもらえますか?』

 

「産科の先生に相談してから来てね。」

 

「診察は出来るけど

レントゲンは撮れないよ。」

 

「薬は出せたとしても

湿布くらいかな。」

 

どれも ごもっとも

(^-^;

 

親身なところも

「レントゲン撮影や

薬が出せないけど

妊婦さんでも出来る

運動をお教えすることは

出来ますよ。」

 

「温めたり

冷やしたりして

良くならないか試してみてね。

診察を何時間も待つより

いいかもしれないわよ。」

 

「すぐいらして下さ~い。」と

対応可能なところもありました

 

先生の考え方が

ホームページや

ブログで

公開されていると

分かりやすいですよね

腰痛の治療に

レントゲン撮影等の

画像所見は必要ありません

 

当院は

一般的な

医療機関で治らない

様々な症状

様々な年代

性別の患者さんが

全国から見える治療院です

 

妊婦さん治療のみに

特化していなくても

レントゲン撮影が出来なくとも

患者さんの身体を変える仕事は

得意中の得意です

 

他所はどこも揉み方が弱くて物足りない

患者さんから

「治療自体を

断れることがほとんどだし

大丈夫なところでも

先生方がみな

おっかなビックリで

刺激が弱くて物足りなせん。」と

お伺いすることも

 

 

当院の治療は

「強く揉んでません」

「痛くしようともしてません」

 

患者さんの筋肉が硬いから

痛く感じるのです

 

痛がりの人は

もっと痛く感じますね

 

筋肉が硬いと

キツキツのジーンズを

はいていることと同じになり

身体が重たい

かったるい

はばったくなり

そのまま放置していると

痛みやしびれを

発生させるのです

 

当院自慢の

即効性・持続性のある治療法で

速やかに

心も身体も

軽くなっていただき

安心して

出産・産後に

備えていただきたいです

 

痛いのは

どうしてもイヤという方は

お申し出ください

 

お時間・回数を

ちょうだいすることになりますが

何とかします