たなごころ治療院ブログ

柔軟性がある方向けの治療法

2015.5.28

 

こんばんは

院長 みやもとです。

 

最近考え出した

ある治療法。

 

特に柔軟性が高い

身体の柔らかい方への

効果を狙ったものだ。

 

こう言った方は

ストレッチが

セルフケアとして

普通の方より

効きづらくなってきていることは

以前ブログでも書いた。

 

113596271

 

写真の彼女のように

よりテンションをかけないと

効果は得られなくなってきている。

 

この治療法を

クラシックバレエの先生

N.Sさんに試してもらった。

 

「今までのより

効いてる!」

 

N.Sさんは痛がりで

治療中に

よく私に蹴りを入れる。。。

 

絶対わざとだよ!

(>_<)

 

太極拳の先生

Y.Sさんにも試してもらった。

 

ベッドから足を着くなり

「違う!」

 

このお二人

なかなかの柔軟性。

 

さすがはプロ。

 

クラシックバレエを楽しまれる

患者さんが多いたなごころ。

 

これからも

様々な患者さんにフィットした

様々治療法を

考えだしていきたいです。

 

こういうアイデアは

教科書でも

学会でもなく

患者さんが

運んできてくれるものです。

(^_-)-☆

【症例報告】「右股関節が痛い!」T.Mさん 60代男性 太極拳の大先生

【症例報告】

「右股関節が痛い!」

T.M先生

60代男性

太極拳の大先生

 

T.M先生の弟子

Y.S先生から

「T先生股関節がもうやばくて

この前中国行ったときなんか

車イスだったのよ。」

 

2年前にお見えになった時

今までの患者さんの中で

トップ3入り確実の硬さだった。

 

太極拳は

腰を低く落としてゆっくりと動く。

動きながら
「空気イス」
しているようだ。

E6B3B0E5B1B1E381A7E5A4AAE6A5B5E68BB3-86103

股関節

膝関節周りが

ガチガチな方がとても多い。

 

治療前に

股関節の可動域のチェックをし

撮影してから治療に入る。

 

60分治療。

 

下肢のあるところに

マッサージ・PNFストレッチ。

 

【あぐら 右脚前 治療前】

2S8O1078

【あぐら 右脚前 治療後】

2S8O1080

右股関節の硬さは取れて

歩行のチェックをしていただくと

先生はニンマリとうれしそう。

 

なかなか

お忙しい先生ですので

こまめ治療にとはいかないようですが

生徒さんは

ずっと元気な先生が見たいはず。

 

「生涯現役」

を応援します!

 

ぜひまた診させて下さいね。

(^_-)-☆