妊娠中

妊娠中の腰痛は、どこに掛かったらいいのか?

今回は
女性スタッフ 伊藤の企画です。
当院にいらっしゃる患者さんから
お伺いすることなのですが妊婦さんの腰痛に
一般のマッサージ屋さんは
お断りのようだし。

担当する
産婦人科のドクターも
湿布を貼って安静に程度。

整形外科は
レントゲン撮影ができないので
診断ができず
これまた湿布くらい。

実際対応して下さる
医療機関がどれほどあるのか
伊藤先生に
調べてもらいました。

伊藤です。
よろしくお願いします。

葛飾区の
37の整形外科さんに、

お電話で聞いてみました(^_^)

 

Q.  妊娠中の腰痛を診てもらえますか?

「産婦人科の先生に相談してから来てね」
「診察はできるけど、レントゲンは撮れないよ」
「薬は出せたとしても、湿布くらいかなぁ」

どれも、ごもっとも f^_^;)

 

診察はできるけど…
って意味は、診るだけってことなのかな(−_−;)
そんな中、親身な先生(看護師さん)も。
「物理療法(レントゲンや薬)はできないけど、
診察してから妊婦さんでもできる運動とか
お教えすることはできますよ。」
「温めたり、冷やしたりしてみて、
よくならないか試してみてね。
診察してもらうために、何時間も待つより
いいかもしれないわよ。」など。
「すぐいらしてください~」と
いう即OKの整形外科さんもありました。
聞いてみないとわからないものですね。
いろいろな対応があるんだなぁと。当院のように、
先生の考えがブログとかで
公開されていると、
わかりやすいんですけどね(^_^)

最後に、
「妊娠中の腰痛はどこに掛かったらいいのか?」

まずは当院へお越しください。

またまた
宮本です。

腰痛の治療に
画像診断は必要ありません。

大事なことは
どのような
体の向きで
動作で
痛むかということ
それと
痛む箇所
これが分かればほとんど
治療できます。

そして
筋肉の状態を
柔らかく
しなやかにする事で
腰の痛みは和らいでいきます。

ヘルニア持ちであってもです。

レントゲンを撮って
画像診断をしなければならないと
治療にならないと考えている方は
ぜひ当院で治療を受けてみて欲しいです。

もうここから先は
実際に治療を受けていただかないと
お分かりいただけないからです。

元気な赤ちゃんのためにも
しっかり治したいですネ(^0^)/