妊娠中

妊婦さんの治療は「弱め」で?

最近の妊婦さんの
患者さんから

「治療自体を
断られる事がほとんどだし
大丈夫なとこでも
行くとこ行くとこ
先生方が
みなおっかなびっくりで
刺激が弱くて
物足りません。」

妊婦さんの治療には
リスクが多いのかもしれませんが
ちゃんと
コミニュケーションを取って
治療すれば
いろんな意味での
リスクは回避できると思います。

最初から
「妊婦さん治療は
怖いから
ともかく弱刺激で」
というのであれば
ホームページで
事前に謳っておくとか
予約の段階で説明しておくとか
しておけば
このような事態は
防げたはずです。

最初から
「ウチはこうだから」
というのでは
いろんな患者さんとの
距離は縮まらないだろうし
ひいては
術者のこれ以上の成長は
まったくもってみられないでしょう。

これでは
もったいない。

妊娠は病気じゃない。

妊娠自体が個性の強いものだし
一日一日体調もすごく違う。
星の数ほど
患者さん自体に個性があるし
その個性に
日々の変化に
向き合っていくことで
いろんな患者さんに
対応していく力が
身に着くと思うのだけど。

当院は
子供
学生さん
妊婦さん
産後のママさん
お兄ちゃん・お姉さん
パパさん・ママさん
おじさん・おばさん
おじいちゃん・おばあちゃん

男性・女性
どっちでもない人

幅広い患者さん方を
対象とした
治療院です。

どなたにも
満足していただけるよう
いろんな人
いろんな症状と
向き合う素直な心が
大事ですよね。

もちろん

弱い刺激で

優しくもんでほしい方や

治療が初めてで

不安な方は

お申しでくださいネ。