料金について

料金について

診療料金

2017年5月1日より

30分治療以外

500円値上げさせて

いただきます

また

治療時間の5分間を

お着換え・お会計・ご予約等のお時間に

充てさせていただきます

 お支払いは現金のみです

30分 (税込) 4,000円
60分 6,500円
90分 9,500円
120分 12,500円
院長治療 +500円
時間外加算料 +1,000円~
診断書料金 2,160円


院長 宮本

山崎・伊藤は

上記の通り

 

外間(ホカマ)・渡辺は-500円

(30分除く)

 

 出来るだけ

60分以上で

お願いします

 

遠方の方は

90分治療以上を

おすすめいたします

 

今までの最長は

2時間30分

 

30分治療は

捻挫等

急性疾患等のみで

お願いします

 

鍼治療は

追加料金を

いただきません

 

当院の治療は

国家資格者の施術のため

医療費控除の対象です

 

レシートは

年度末まで大切に

保管ください

 

再発行はいたしません

どれくらいの頻度で通ったらいいの?

特にどれくらいと決めてはいません。

患者さん各々で微妙に違うからです。

お尋ねされれば
「もしまた来たいとお考えでしたら
1週間後位に来て下さい。

その時に

今回の治療の感想

を聞かせてくださいね。

あんまり間があくと
掌で覚えている感覚を
忘れてしまうので。」
とお話しています。

当院は
患者さんに
通わせることで
経営を安定させることが
目的ではありません。

年にたった1回でもいい。

何かあったら
また「たなごころ」に行こう。

そう思っていただけるよう
一回一回の治療に

集中してます。

当たり前ですが
ちゃんと効果があれば
さほど通わなくて

いいはずです。

何度も何度も
通ってしまうのは
治療効果が
持続してないからではありませんか?

治療の中に効果を
持続させる為の工夫も必要でしょう。

一気に次回以降の
予約を3回分取るよう
勧める治療院もあるようです。

患者さんを「金づる」に
したいのか疑います。

患者さんとの付き合い方は
その場限り出なく
長い目でお付き合いさせて
いただければいいなと考えます。

もちろん
毎週60分の自費診療の
患者さんもいらっしゃいます。

「いや~
先生に言われたストレッチやってたら
全然悪くなんなかったけど
やっぱりここんとこ辛くなっちゃった。」
といらっしゃったKさん。

トップアマクラスの

野球の腕前です。

1年振りの来院。

このような方が
ホント嬉しい存在
(^O^)/

ちゃんとセルフケアして下さって
調子良かったんですから。

患者さんの健康と
お財布事情までも考えたら
我々とのお付き合いは
程ほどの距離感が
幸せなんですよ。

ずいぶん脱線してしまいましたが
早く治したい方は
翌日来ていただいても

いいんですよ。

いろいろお話しして
決めましょうね。
(^o^)丿

傷害保険

傷害保険にご加入されてますか?

当院での治療は
傷害保険の対象となります。

ご不明な点は
ご加入の保険会社ご担当者さんに
お伺いしてみて下さいね。

指名

指名は可能です。
何なりとお申し付け下さい。

また
たまには違う先生にも

見てもらいたい。

大丈夫です。
遠慮なさらず

お申し出ください。

我々は
大して気にしておりません。

より相性のいい先生との
施術を楽しんで頂きたいです

(^O^)/

そこから我々は
多くを学べます。

肩たたき券

肩たたき券-001-300x199

大切なあの人へ

お世話になったあの人へ

マッサージのプレゼントは

いかがですか?

 

お値段は

60分7,000円

90分10,000円です。

 

先生の指名があれば

その先生の料金になります。

 

マッサージに慣れていない方は

もちろん

やさしくマッサージいたします

(^O^)/

保険診療

2016年3月以降
保険診療を取扱いしておりません
このところ
「〇〇で保険使えますか?」
と言うお問い合わせをよーく頂きます。
下記の通り
当院では対応させて頂いております。
以下は
「協会けんぽ」のサイトから引用したものです。
どの保険者であっても
(〇〇健保組合・△△区国保・☐☐共済など)
同様です。
jusei_title
 柔道整復師(整骨院・接骨院)にかかる場合、「協会けんぽ」から療養費としてその一部が支払われます。
 しかし、柔道整復師による治療には、健康保険の対象となる場合と、ならない場合があります。

sub01

sub021
sub02_cyui
sub04
illust01 柔道整復師の請求の中には、架空請求、水増し請求といった内容が、新聞等でも取り上げられており、健康保険の対象とならない治療の請求や不適切な請求も一部に見受けられます。
 そこで、適正な支払いに調査が必要と判断される場合には、「協会けんぽ」より電話または文書で、負傷原因、治療年月日、治療内容などを照会させていただくことがあります。そのため、受診の記録(負傷部位・治療日・治療内容など)、領収書の保管をしていただき、照会がありましたら、ご自身で回答書に記入されるようお願いいたします。
sub03
num_f01
負傷の原因を正しく伝えましょう
 何が原因で負傷したのかをきちんと話しましょう。外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害に該当する場合又は、通勤途上におきた負傷は健康保険は使えません。また、交通事故等による第三者行為に該当する場合は「協会けんぽ」へ連絡をしてください。
num_f02
療養費支給申請書の内容をよく確認し、 必ず自分で署名または捺印しましょう
 療養費支給申請書は、受療者が柔道整復師に委任をし、本人に代わって 治療費を「協会けんぽ」に請求し支払いを受けるために必要な書類です。 委任欄に署名する場合は、傷病名・日数・金額をよく確認し、署名しましょう。 白紙の用紙にサインをしたり、印鑑を渡してしまうのは、間違いにつながる 恐れがありますので注意してください。
num_f03
領収書をもらいましょう
 領収書は必ずもらいましょう。金額などに相違があれば、「協会けんぽ」までご連絡ください。 なお、領収書は、医療費控除を受ける際にも必要になりますので大事に保管してください。
num_f04
治療が長引く場合は一度医師の診断を受けましょう
 長期間治療を受けても快方に向かわない場合は、内科的要因も考えられ ますので、一度医師の診断を受けましょう。
num_f05
「ついでに他の部分も」とか「家族に付き添ったついでに」といった「ついで」の受診は支給対象外です

 「よそでは
この症状で
保険使えたのに
何でおたくはダメなの?」

このような方も
このところ
大変多いです。

症状を
お伺いいたしますと
多くの方が
「肩こり・(慢性の)腰痛・筋肉痛」
です。

これでは
保険診療は出来ません。

なぜ保険証を使えるかと言うと
簡単にいえば
『病気』だからです。

上記の症状は
病気でしょうか?

また
大変恐縮ですが
よその医療機関のことは
私は存じ上げません。

上記の通り
やらせて頂いているだけなんです。

ご勘弁下さい
<m(__)m>

自費治療と保険治療は、何が違うの?

2016年3月以降
保険診療を取扱いしておりません
当院は、

「柔道整復師」(接骨院の先生)
「鍼灸師」
「あん摩・マッサージ・指圧師」
の国家資格を持った治療家の治療院です。

保険診療に関しては
「柔道整復師」→「急性の外傷(ケガ)等の治療」

「鍼灸師」 「あん摩・マッサージ・指圧師」
→「医師の同意の下に適応疾患は可能」
となっております。

その他の場合
慢性的な痛み、疲労などの治療は
自費診療になります。

症状・状態にもよりますが
早く治されたい方の場合
保険診療の対象でも
自費診療をお勧めすることがあります。

保険診療   自費診療

値段       安い         高い                      
時間             短い                  自由に決めれる      

ですので
保険診療の対象であっても
最初から「自費60分で。」
「自費30分追加して。」と言う
慣れた患者さんも
いらっしゃいます。

保険診療は
一日に何回も受けれません。

やはり限られた時間内に
仕上げられないこともあります。

時間を頂ければ
こちらも手数が増やせます。

様々な技をかけることが出来ます。

お急ぎの方は
我々に
時間をください。

一刻も早く治します!