ストレートネック

ストレートネック

ストレートネック

肩コリ、首コリのある方に
わたしが良くお伺いするのが

「噛み締めグセ、歯ぎしりありませんか?」

これらは
アゴを閉じる筋肉を
こらせます。

咬筋(こうきん)
側頭筋などがそれです。

頭痛持ちで
こめかみ辺りが痛む方は
このようなクセを
お持ちの方に多く見られます。

側頭筋が凝って
「筋緊張性頭痛」を
発生させているのです。

咬筋

噛み締めている時
頭を前に傾げた方が力が入るものです。

この時
胸鎖乳突筋に
力が入っています。

胸鎖乳突筋_1

そして
胸鎖乳突筋が凝ると
頭を前に傾げた状態で固まって
ストレートネックと呼ばれる状態となり
首の後ろ側の筋肉が引っ張られて
背中に張り感を訴えます。

首の後ろの筋肉は
長いものでは
背中まで伸びています。

ストレートネック5

こんな感じで
前に傾げた状態で固定されてしまうと
「ストレートネック」
ということに。

ストレートネック4

上の写真も
左の写真と比べると
右は顎の骨が下がって
頭が前に傾げているでしょう。

ただハッキリしときたいのは
「ストレートネック」は
状態・現象のことで
病気ではないということ。

頚椎と言う
骨組みが
ぐにゃりと
まっすぐになっている訳ではなく
筋肉に引っ張られて
真っすぐになっているだけなんです。

病院では
「ストレートネックですね。」
と言ってそれで終わりですが
当院では
これらの筋肉を揉みほぐして
頚椎を元のS字に戻します。

残念なことに
当院には
レントゲンが撮れません。

確認は
整形外科さんでお願い致します。

ストレートネック3

彼女は
ストレートネックなんだろうか?

 

ストレートネックを造る

放射線技師Sさんと
ストレートネックについて話した。

Sさん
「ぼくストレートネックなんですよ。」

わたし
「ぜひ見てみたいです。
たいへん
お手数お掛けしますが
ご自身の首の画像
撮って来ていただけませんか?」

ストレートネックストレートネック写真

わたし
「私は
『ストレートネック』という言葉は
今の状態のことを言い表しているだけで
病気ではないと思います。」

Sさん
「そうですね。」

わたし
「それで
人工的に
『ストレートネック』を
造ってみたいので
正常な方の画像と
その方が首を前に傾げた
状態の画像と
撮って頂けませんか?

おそらく
首の前面
胸鎖乳突筋
斜角筋群が硬いと
自然と前に傾げた状態となり
『ストレートネック』に
なってしまうと考えています。」

《正常像》

正常写真正常

《前に傾げた像》

偽ストレートネック(前傾)写真偽ストレートネック(前傾)

上下の写真を比べて
下は
ばっちり真っ直ぐ
じゃないけど
てことは
『ストレートネック』は
首を前に傾げる筋群によって
造られているようだ。

骨格は
ガシッとしたものだとお思いの
患者さんは多い。

ビルや家の骨格は
確かにそう。

骨の並びを
アライメントと言う。

背骨のアライメントは
それに付着するの筋肉が
コルことで硬くなり
本来の位置から
引っ張られ
変化しているのです。

デスクワークなどで
頭が下を向き続けていたり
意識のあるなし問わず
アゴを噛み締めていたり
歯ぎしりしていたりすると
首の前面の
胸鎖乳突筋
斜角筋群が
凝って硬くなり
頭部を前方に引っ張り
ストレートネックになるんです。

【症例報告】 くび・肩コリ 吐気 頭痛 I.Fさん 40代女性 千葉県 白井市

こんにちは、伊藤です。

【症例報告】

頭痛03

くび・肩コリ

→ 吐気、頭痛

I.Fさん 40代女性

千葉県白井市

 

昔からずっとくび・肩こり持ちの

Iさん

 

仕事を始めてから特にひどくなり

近くの接骨院や整骨院

有名な整形外科にも行ったが

良くならず…

 

最近だんだんひどくなってきた

 

いろいろ探しているうちに

うちの治療院のホームページを発見

 

白井市から

治療に来ていただきました

 

【初診 60分】

確かにくび・肩まわりが

パンパンでカチコチ((+_+))

これは頭痛でますよね…

という状態

 

今までどんなマッサージでも

効かなかったのは

くび・肩のみのマッサージ

だったからですね

 

たなごころ流に

痛みが出ているところ

ではなく

そこを硬くしてしまっている原因

その筋肉をほぐしていく

 

すると…

治療途中から

「なんか違いますね」

 

さまざまな医療機関に行かれて

良くなっていない方は

治療途中での

身体の変化に敏感

 

治療を終え

スッキリ笑顔になったIさん

「なるほど~!

そういうことだったんですね♪♪」

 

はい、

治療を受ければ納得!

ですね(^_-)-☆

 

1ヶ月後に2度目の来院

くび・肩の調子をうかがうと

「全然違います!調子がいいです(●^o^●)」

「今日は腰をお願いします」

 

遠くから来ていただく分

一発で結果を出さなければならない

プレッシャーはあります

 

ただ

たなごころ流は単純明快

「筋肉をしっかり奥から

ほぐしているだけです」

 

肩こりは一生付き合っていくもの

ではなく

良くなるものです(・ω・)ノ

 

ひどい肩こり・頭痛で

何年もお悩みの方がおられましたら

ぜひ来院くださいね(^_-)-☆

 

Iさん

症例報告をさせていただき

ありがとうございました!

同じ悩みを抱えている方に

届きますように