ご年配の方へ

ご年配の方へ

ご年配の方へ

多くのご年配の方が
膝痛・腰痛を
訴えています。

それらの疾患を担う
医療機関で行われている
治療法のほとんどが
効いているように思えません。

漫然と治療が行われ
また患者さんも
自己負担が安いから
友人が通っているから
歳だから仕方がないなど
半ば諦め気味に
漫然と通院している方を
散見します。

当院で良好な治療結果が
得られている方は
マッサージと運動療法を
組み合わせた治療法を
受けている方です。

人間も動物です。
結局
動かさないと
動けなくなってしまうのです。

ただ
薬を飲んだり・塗ったり
横になってマッサージを
受けているだけでは
良くなりづらいと思います。

マッサージ自体を
いわゆる
「慰安 いあん」
「リラクゼーション」
「温泉マッサージ」など
「一定時間横になって、ハイお疲れ様でした」というものとしか
ご理解いただけていないと
当院の
あれこれいろんなところに
手を入れて
その都度確認していくと
痛みや動く範囲に
変化がみられる
マッサージはちょっと
不思議なものに
感じるかもしれません。

つまり
マッサージは
「治療」にも「慰安」にも
なるということです。

世の中のマッサージは
ほとんど「慰安」レベルで行われています。

ただ
辛いところを
患者さんのお好みの力加減で
さすっている。

これでは
良くなりようがないでしょう。

「正座はしないでください。」

o0640048010284582259

ドラエモンが
正座しているとこは
なんかおもろい。

ご年配の患者さんから
よくお伺いすること。

膝痛で
医療機関に行くと
「歳だから仕方がありませんね。」
「上手に付き合って下さい。」
とよく言われるらしい。

治せないのなら
治す気はないのなら
最初から診ないで欲しい。

まったくもって
医療費の無駄使い。

いったい
だれが負担しているのか
よーく考えてほしい。

医者と
おまわりさんと
学校の先生の言うことは
絶対という
教育を受けてしまったからなのだろうが
自身で
客観的に考える事が
ホント苦手なご年配の方が多い。

もうちょっと
味にうるさいお客さんになれば
業界全体のレベルアップに
なろうもんなのに
かえって
使えない医者を量産している。

今までのご苦労も
我々の世代とはケタ違いなので
こんなことは言えない。

少なくとも
人のイイ
おばあちゃん
おじいちゃんを
こんな目にあわさないで欲しいんだけど。

先日お見えの患者さんが
「正座が出来ないと言ったら
正座はしないでください。」
とある医療機関で
言われたそうで
聞いててわたしは頭にきた。

「腰を曲げると痛いんです。」
「では腰を曲げないでください。」

「肩を挙げるとと痛いんです。」
「では肩を挙げないでください。」

こんなやり取りが成り立つんだろうか?

こんな医療機関に
10年も通われていたそうで
う~ん。。。
もうありえない
(ーー゛)

本日
3回目の治療。

前回から
「少し変わってきたかなぁ。」
なので
まだまだ
がんばるよぉ
(^O^)/

杖を持つより、転び方の練習をした方が良い?

杖  老人

ご年配の患者さんの治療をしていて
よーく思うことなのだけど

ちと
オーバーな表現ではあるが
「杖を持つより、転び方の練習をした方が良い」
のではないかと思う。

何かの原因で
杖を持とうとか思われるのだろうけど
仮に転びそうになったところで
果たして杖を持っていて
役にたつのだろうか?

転ぶのではないかと言う
不安感は紛れるのだろうけど
杖を持つことに慣れてしまうと
もはや杖頼りの身体と心は
転倒しかかった身体を
立て直すことが
不可能となると思う。

押し車

歩行器・押し車と言うもの。

これを押している
ご年配の方を見てると
めっちゃもたれかかって
つまづいたらそのまんま
前に転んじゃうような使い方をしている方と
余計な力が抜けて
スーと押している方といらっしゃる。

このような道具は
心も身体も
依存し過ぎちゃいけないんだと思う。

あくまで自分の身体があって
こういうものは
添え物でないと
いつまでたっても
良くなって行かないように思う。

スーと
押されている方は
このようなことが
理解できている方だと思う。

そもそも
ある程度の歳になったら
毎日
怪我をしない程度の柔らかいところ
布団の上とかで
転ぶ練習をしたらいいんだと思う。

 

 

前回り受け身

この図の様な
「前回り受け身」
でなくともいいけれど
普段から転んでいれば
いざ転んだ時も
身体が勝手に反応してくれるはずだ。

だから
子どもは良く転ぶけど
リカバリーも
上手だ。
我々はどうだろうか?

先日見えた
太極拳の先生は
車×自転車の交通事故の
自転車側だったにもかかわらず
その衝撃を
太極拳の型を
とっさに取ったことで
思いのほか
酷いケガにならずに
済んだようだ。

普段から身体を動かしている方は
やっぱ強いね。

先日の読売新聞朝刊に
「膝痛」についての
記事があったが
これまた
「筋力・筋トレ」的な内容で
閉口してしまう。

何度も言いますが
「筋力」ではなくて
「身体の使い方」を
鍛えることが大事なんですよ。

 

こういう記事を
書かれる方って
スポーツしたこと
無いんじゃない?「筋力」だけで
人間のパフォーマンスって
変えられると思ってんだろうか?丁度いい。
オリンピック見て
しっかり勉強しなさいよ。当院で
治療を受けてらっしゃる
ご高齢の患者さんの
治療見たことありますか?

もちろん
転び方の練習はしませんが
じっくり
いろんな歩き方の
練習をするんです。

左右の脚を
クロスさせたり

後ろ向きで歩いたり

かかとだけで歩いたり

ジャンプしながら
スキップしながら歩いたり

さらに
四股踏んだり
片足立ちしたり

こういうことを繰り返してると
自然とバランス感覚が
鍛えられて
歩き方に安定感が出て来ます。

すると
姿勢も良くなってくるのです。

このことを指摘して
褒めて差し上げると
ますます
頑張っちゃうって訳。

そして
今まで使ってた
杖は
添え物程度に
なって行くんですよ。

症例報告について

すべての症例報告は
患者さんから、許可を得て
掲載しております。

ここには
著効例を中心に
良くなった方の
いろいろな症例報告を
掲載していく予定でいます。

出来る限り
1回で治したいという思いで
治療させていただいておりますが
残念ながら
お時間のかかる方もおります。

当院の治療の流れなどを
ご理解いただければと
思います。

 

2014年4月の

HPリニュアルに際し

様々なジャンルの

症例報告を

症例別に分類せず

「たなごころ日常ブログ」内に

まとめて収めてあります。

 

 

 

トップページ

または

ブログ内

最下段にあります

「サイト内検索」

で検索いただくと

最新の他の症例報告も

ご覧いただけます。

【症例報告】 腰痛・膝痛・正座不可 K.Kさん  70代女性

今年の5月から
腿の前面の張り
左膝痛・腰痛を訴えている。

55歳で膝に水がたまって
それ以来
正座は出来ないそう。

近所の整形外科・接骨院に
かかるも改善せず来院。

60分治療。

治療前に
正座のチェック。

【治療前】
国井 2011.8.2 001_1

国井 2011.8.2 003_1

左のお尻が
かかとにしっかりつきません。

【治療後】
国井 2011.8.2 004_1

国井 2011.8.2 005

【2診目・治療後】
国井さん 2診目 2011.8.9 004

国井さん 2診目 2011.8.9 003

全然楽チンだそうです!!!

しゃがみのチェック
【治療前】
国井 2011.8.2 002_1

【治療後】
国井 2011.8.2 006

【2診目・治療後】
国井さん 2診目 2011.8.9 005

もうほとんど
膝は痛くないそうで
良かった良かった(^O^)/

まだ少し腰が気になるようで
もっと良くなったら
庭いじりを再開したいとのこと。

まだまだがんばりまっせ\(^o^)/

【症例報告】 転んで肩をねじった 70代女性 T.Kさん

こんにちは、伊藤です。

 

【症例報告】

転んで肩をねじった

70代女性

T.Kさん

 

年末の旅行中に

部屋の中の床で滑り、転倒

床滑る

 

滑ったとき

とっさに左手でいすを掴み

そのときに左肩をねじった

肩痛い2

 

<初回>

座った状態、立った状態で

肩を動かすのがつらい

 

寝た状態で肩を動かすのはできる

 

前から腕を上げていくと

眼の高さまで上らない

 

横から腕を上げていくと

肩の高さまで上がらない

 

横から腕を上げていって

肩の高さで保とうとすると

力が入らない

(腕が落ちてしまう)

肩2

ということで

棘上筋(肩甲骨の上にある筋肉)の

損傷もしくは断裂を疑う

 

T.Kさんには

少し筋肉を痛めているかもしれないので

治るまで時間がかかるかも

しれませんと伝える

 

帰り際

「肩周りが軽い!」

とおしゃっていたので

ちょっと安心 (#^.^#)

 

<2診目(1週後)>

「洗濯物が干せるようになって

動かしすぎちゃって

あーそうだ

痛めてたんだった…

と思うくらいでした」

 

左腕はいつももわーっとした

違和感がある

 

肩を動かしてもらうと

前から腕を上げての

痛みや動きは問題なし

 

横から腕を上げていくと

違和感があるものの

動きは問題なし

 

腕を上げようとして

肩に力が入っていたので

今日はそこを治療ポイントとする

 

棘上筋の損傷もしくは断裂を

危惧していたが

ここまで動かせていれば

問題ない模様

肩1

肩周りの筋肉が

カチコチになっていたんですね(+_+)

 

日常生活に

支障がないくらいになって

ほんとうに良かったです(^^♪

 

T.Kさん

またメンテナンスにお越しください!

症例報告を掲載させていただき

ありがとうございました(^^)/

 

【症例報告】①「膝が痛いです!」Aさん 〇〇代女性 柏市

2015.6.20

 

こんばんは

院長 みやもとです

 

【症例報告】

「膝が痛いです!」

Aさん

〇〇代女性

(お年は内緒!)

柏市

 

娘さんのご紹介で

柏から来院

 

Aさん

「ある日

バスから降りようとしたら

右膝がズッキーンと

痛くなって

降りれなかったのよ!

 

昨年6月に行った尾瀬は

とても良かったわ。

また行けるかしら?」

 

その後

地元の整形外科さんで

「骨には問題なし」

との診断

 

投薬や電気治療で

改善が見られない

 

わたし

「だいじょうぶですよ!

すぐに良くなりますから。」

 

事前に

痛みのチェック

正座

しゃがむ

歩くで

右膝内側が痛む

 

階段の昇り降りでも

痛む

 

また

あぐらがもともと硬い

 

これは最近O脚気味とのことと

関連が深い

 

お話ししながら

下肢のあるところに

マッサージ&PNFストレッチ

 

もちろん

痛い右膝の内側には

一切触れずに

 

【しゃがむ 治療前】

2S8O5233

【しゃがむ 治療後】

2S8O5234

「あら?

しゃがめる!」

 

【正座 治療前】

2S8O5232

【正座 治療後】

2S8O5235

「あら?

お尻が踵に付いてる!」

 

Aさんと

付き添いの娘さんに

この画像を見比べて頂きながら

診断と解説

 

「レントゲン撮って

『骨に異常なし』

 

でも

痛いってことは

筋肉に

問題アリなんですよ!

 

多くの医療機関では

筋肉の状態を診れてないし

こうやって

一回の治療で

効果を出すことは

不可能です。

 

わたしは

筋肉の緩め方を

知っています。

 

町中にある

多くの揉み屋さんは

ただ揉んで

さすってるだけ。

 

それでは癒しになっても

治療にはなりません。

 

硬くなってる

筋肉を柔らかく

『上カルビ』に

しましょうね!

 

こうやって

60分でこんなに

変化が得られているので

まだまだヤング!

 

また近いうちに

診せて下さい。

 

とっとと

治しちゃいましょう!」

 

Aさん

娘さん

ブログに登場下さり

ありがとうございました!

(^_-)-☆

 

どういうメカニズムで

痛みを取っているかは

スタッフと

患者さんのみぞ知る

企業秘密です

(^_-)-☆

【症例報告】「膝蓋骨粉砕骨折後膝が曲がりません!」H.Tさん 60代 男性

2015.8.7

 

こんばんは

院長 みやもとです

 

【症例報告】

「膝蓋骨粉砕骨折後膝が曲がりません!」

H.Tさん

60代 男性

アルト&バリトンサックス

 

H.Tさん

「先生

3年前の4月に

左膝の膝蓋骨の粉砕骨折してから

膝が曲がんないんだよ。」

 

わたし

「では

何とかしましょう!」

 

60分治療

 

【治療前 膝抱え】

2S8O5727

 

【治療後 膝抱え】

2S8O5729

 

【治療前 正座】

2S8O5728

 

【治療後 正座】

2S8O5730

H.Tさん

「おっ!

先生届きそうだよ!」

 

整形外科や

リハビリの先生は

ここまで即効で

変えられないでしょう!

 

わたしは

「そのうち治る。」

「齢のせい。」

など言い訳はしませんよ

 

キチンとフィットした治療法なら

変化は即効で出ますね!

齢は関係なく

 

H.Tさん

FBの

「いいね!」

ありがとうございます!

 

また

治療を続けて行きましょうね!

(^_-)-☆

【症例報告】橈骨頭骨折後 S.Mさん 50代女性 

こんにちは、伊藤です。

 

【症例報告】

橈骨頭骨折03

橈骨頭骨折後

S.Mさん

50代女性

 

こちらのブログを読んでくださり来院

「左橈骨頭骨折→肘・手首が曲がりずらい」

http://www.tanagokoro-chiryouin.jp/category/parentsports/sports_baceball/

橈骨頭骨折01橈骨頭骨折02

 

今年の2月初めに

自宅の屋上で転倒

4週間のギプス固定

橈骨頭骨折04

 

5月下旬まで

整形外科にてリハビリ(48回)

 

その後

整骨院にてリハビリ(約1ヶ月半)

 

整骨院での肘のリハビリは

運動による筋力アップを目的としたもの

 

そのリハビリ中に

腰が痛くなり

病院へ行くと第4腰椎すべり症による

脊柱管狭窄症と診断される

 

肘のリハビリで腰が痛くなったことに

疑問を持ったS.Mさん

 

まだ肘も伸びきらないため

インターネットで検索し

うちのホームページに

たどり着いた

 

<初診>

盆踊りをしているS.Mさん

帯を結ぶときに

肩と肘が痛い

 

腰にはコルセットが

手放せない

 

当日上野でパレードがある

たくさん歩くので

腰をなんとかしたい!と

来院

 

腰の動きのチェック

左に曲げたときに左腰が痛い

前屈は手の平が着くほど柔らかい

 

左腰を評価対象として

治療開始

 

前の整骨院で筋トレを

していたためか

元々のコリがすごいのか

おしりをもんでいくと

くすぐったい+痛い

なかなかほぐれてくれない

 

いろんな方向から

いろんな技を使って

ほぐしていく

 

やーっと

普通にもめるようになってきた…

 

チェックしてもらうと

全体的に軽くなって

いただけたみたい

 

左に曲げたときの痛みは

まだ残る

今日は時間切れ…

 

後日予約の電話を頂く

 

<2診目(4日後)>

治療後から

コルセットをしなくても

歩けるようになった

 

パレードも盆踊りもできた (^^♪

お孫さんと一緒に

プールで歩くと

腰の調子がいい

 

ということで、

今回は

本題の肘の治療へ

 

【治療前】

※後ろから撮影すべきでしたね…(>_<)

01

 

【治療後】

02

 

右肘の曲がりが悪く

指が肩につかない状態だったのが

つくように (^。^)

 

写真で確認してもらったところ

右肩が下がっているのが

気になる!

 

【さらに治療後】

04

 

治療することで変わっていくことを

おわかりいただき

これ以後

約週1回のペースで

定期的にお越しいただいている

 

肘の伸びは見かけにはわからないほどに

なってきており

腕や肘、手首のつっぱり感を

治療中

 

長時間歩いたり

日によって脚にしびれが走ったり

することもあり

腰の治療も継続中

 

娘さんや旦那さんをご紹介いただき

1日でも早く家族まるごと

本調子になるよう

頑張っていきます (*^▽^*)

 

S.Mさん

症例報告の掲載を了承いただき

ありがとうございました!

これからもよろしくお願いします!

 

珍しいご紹介( ゚Д゚)

 こんにちは、伊藤です。

 

とある水曜日

腰痛で苦しんでいる女性から

予約の電話があり

 

ご紹介元を尋ねると

「タクシーの運転手さんに聞いて…」

 

腰が痛くてタクシーの乗り降りにも

時間がかかるE.Sさん

 

運転手さんに

「ごめんなさいね~、時間かかっちゃって

どこに行っても一向に良くならなくて」

と言っていたE.Sさん

 

運転手さんから

「わたしが行っているところ

いいですよ!」

と勧められて

 

領収書の裏にうちの電話番号を

書いてもらった

w41bBqETJHEX1Vx1446701665_1446702064

IMG_5143

上:運転手さんが書いた電話番号

下:E.Sさんが書いたご予約のメモ

 

翌日早速電話をいただき

3日後にご予約

 

もしかしたら

〇〇さん(タクシーの運転手さん)の

ご紹介かなぁということで

ちょうど〇〇さんが

来院されたときに聞いてみると

 

「そうです!それわたしです

電話番号書いてあげたんですけど

すぐ無くしちゃうかなぁと思っていたので

電話してくれて嬉しいです」

 

こちらこそおススメしていただいて

電話番号まで書いていただいて

とても嬉しいです♪♪

ありがとうございます<(_ _)>

 

そして…奇跡が起きました(゜_゜)

E.Sさんが予約された時間の直前に

〇〇さんのご予約が入り

お二人が再会することができました!

 

お互いに顔を見合わせて

E.Sさんはお礼を言うことができて

とても嬉しそうでした

 

たなごころ治療院が結んだ縁

こちらもとても嬉しい気持ちになりました(●^o^●)

 

どこに行っても治らないとおっしゃる

E.Sさん

なんとかしなければ!

次回E.Sさんの症例報告に続きます

【症例報告】腰痛 E.Sさん 80代女性 どこに行っても治らない

こんにちは、伊藤です。

 

【症例報告】

  腰痛

E.Sさん 80代女性

腰痛01

 

4日前

タクシーに乗った際に

運転手さんに紹介されて来院

※先週の記事「珍しいご紹介( ゚Д゚)」の方

 

2年前に

お墓参りでツルッと転倒し

腰をうった

転ぶ01

 

整形外科に通うも

ぜんぜん良くならず

 

大きい病院を紹介され

行ってみると

「腰の骨を複雑骨折している」

と言われて

骨粗しょう症の注射を

21本打ち

昨年の5月に再度レントゲンを撮って

骨折が治ったと診断

 

腰の痛みはあるので

金町周辺の接骨院などに

何か所か行ったが治らない

 

<初診>

台所に長く立っていたり

出かけて長く歩いて家に帰ると

痛みが増す

 

寝ると良くなる

何かしていると痛くない

 

歩いていると

腰とおしりの境目あたりが

両側痛い

 

2年間痛いながらも

動かし続けていた筋肉は

どこもかしこもカッチコチに(>_<)

 

ちょっとほぐして

歩いてもらうと

「あら、痛くない…楽」

 

不思議な表情の E.S さん

久しぶりに腰の痛みがなくなって

ビックリしているよう

 

2年間気の利いた治療に

出会えてなくて

本当に大変だったと思う

 

これからは

どんどん動いて

家事もカラオケも

楽しくやってね♪♪

 

何かあったら

「たなごころ」

がありますよ~(^_-)-☆

【症例報告】「頭痛がつらい!」K.Yさん 70代女性 市川市

2016.2.18

 

こんばんは

院長 みやもとです

 

 

【症例報告】

「頭痛がつらい!」

K.Yさん

70代女性

市川市

a0002_004055_m

 

娘さん A.Kさん

お孫さん K.Mさん

ご紹介

 

ありがとうございます!

(^_-)-☆

 

27年11月から

左側に頭痛があり

地元のクリニック

MRI撮影

整形外科にて

レントゲン撮影

いづれも問題なく

投薬治療を続けるも

効いているか分からない

 

今は

頭にお釜をかぶっているような

もや~んとした感じ

 

強い痛みは

苦手とのことで

わたしにしては

柔らかい治療で

はじめていく

 

仰向けから

お顔・あご・頭・首・胸

うつ伏せで

頭・あご・首・背中・肩と

治療して本日はおしまい

 

着替えて

治療室から出てこられた

K.Yさん

「軽~い!」

 

迎えに来られた

娘さんA.Kさんも

うれしそう

(^o^)丿

 

病院で

異常がないって言われたら

筋肉に

異常があるかもってこと!

 

一般的な医療機関では

肉質・コリ感など

診てないし

診れないでしょうから

 

凝ってるスジ肉を

見つけて

上カルビになるよう

治療すると

即効で

治療効果が得られる

 

筋肉を

柔らかくするってことは

ワンサイズ小さい

おろしたての

キツキツのジーンズを

大きめのジャージに

着替えるようなもの

 

当然

軽くスッキリと

動きやすくなるはず!

(^o^)丿

 

後日

お孫さんの

K.Mさんが治療に見えて

「また来るって言ってましたよ~!」

 

K.Yさん

症例報告のブログに

登場下さり

ご協力ありがとうございました

(^_-)-☆

【症例報告】脊柱管狭窄症 T.Sさん 60代男性 大田区 ①

こんにちは、伊藤です。

 

【症例報告】

脊柱管狭窄症07

脊柱管狭窄症

T.Sさん

60代 男性

大田区

 

4,5年前に脊柱管狭窄症と

診断され

ずっと病院のリハビリに

通っていた

 

悪くなる一方で

ここ半年は痛みで散歩もできない

脊柱管狭窄症03

 

15分歩くと

左脚にしびれがでる

夜は痛みで眠れず

朝起きた時も痛い

 

<初診 60分治療>

歩いていても痛い

左脚に荷重できない

ずっと座っていることもつらい

背中を丸めると楽になる

 

初回は痛みが強く

どの体勢でも10分以上は治療が

困難だったため

様々な体勢で

原因となっているであろう筋肉を

ほぐしていく

 

途中

痛み・しびれが強く出たときは休憩

 

を繰り返しての治療

 

初回の直後効果は得られず…

帰ってからの痛みの状態や

身体の変化をみてもらうことに

 

<2診目(翌日)>

前日の夜は変わらず

400m歩いたがめちゃくちゃ痛かった

 

しかし

朝起きると

「痛みがない!15分体操できた」

朝起きたときの痛みがないのは

半年ぶり!

 

痛みの質が

「鋭い痛み」 → 「鈍い痛み」

に変化

 

鈍い痛みになったことで

左脚荷重が少しできるようになった

 

直後効果は得られなかったものの

翌朝の身体の状態の変化から

ここでの治療が効いていると

感じてもらえた模様

なんだか表情も少し明るくなったような…

 

今回はより筋肉をほぐすため

痛みが出にくい姿勢で

マッサージをすることに

脊柱管狭窄症09

前かがみの姿勢がラク

ということで

上の写真の体勢のまま

ベットにうつ伏せに

 

脊柱管狭窄症06

奥の筋肉までしっかり

ほぐしていく

 

<3診目(3日後)>

痛みのボリュームが減った

20分歩けた

左脚荷重も可能

痛む箇所がピンポイントに

なってきた

 

<4診目(4日後)>

調子がいい

夜も眠れるようになっている

朝起きて3時間痛みなし

痛みのボリュームは

最初に比べて半分に

 

<5診目(8日後)>

調子良くほぼ痛みなし

「今日は脚より

くび・肩コリが気になる」

 

半年間痛みに耐え続けたTさん

たなごころの治療4回(5日間)で

気にならない程度に回復

 

表情やことば、雰囲気も

だんだん柔らかくなっていって

ホッとしました^_^;

 

その後

6回の治療に来ていただき

初診から約1ヶ月でご卒業

 

原因の考察は次回へ続く…

【症例報告】「右膝が痛いです!軟骨がすり減っています」K.Yさん 70代女性 主婦 市川市

2016.4.15

 

こんばんは

院長 みやもとです

 

【症例報告】

「右膝内側が痛い!

軟骨がすり減っています」

K.Yさん

70代女性

主婦

市川市

 

2月前

頭痛の治療で

症例報告のブログに

出ていただいた

K.Yさん

 

あれから定期的に

治療にお越しいただいて

頭痛・首こり・肩こりは

だいぶ調子いい

 

ある日のこと

K.Yさん

「先生!

急に膝が痛くなって

近くの病院に行ったら

『軟骨がすり減ってますね。』

ですって!

先生なら治せるかと思って。」

 

わたし

「ハイ

大丈夫ですよ!」

 

60分

あるところに治療すると

 

K.Yさん

「あら?!

痛くないわ!

突っ張らないし!

不思議~!」

2S8O9391

【治療後 正座】

 

治療前は

右膝内側が痛く

突っ張りがあった

 

治療前の写真を

撮っておけばよかったですね

(^_-)-☆

 

わたしは

いわゆる

変形性膝関節症と言われる

症状の

『軟骨がする減っている』から

という理由は

懐疑的に感じている

 

img01

以下のレントゲン写真を見れば

確かに関節の隙間が狭くなって

あたかも軟骨が

すり減っているように見えるが

本当にそうだろうか?

joint10_l

 

例えば

もも裏の筋肉

ハムストリングスは

外側と内側があるが

 

スクリーンショット-2014-09-23-11_27_2522

黄色の丸で囲んだ

内側が

仮に硬くなっていると

仮定した場合

22joint10_333l

 

黄色丸の

脛骨内側顆というところに

止まっているので

(この写真は

正面像

実際の筋肉は

骨の裏側を走行している)

 

②のようなすねの骨

脛骨を内側に動かす力が働き

膝関節の内側の

隙間が無くなって見える

だけのことではなかろうか?

 

よって

外側の隙間は

内側に比べて

より開いて見える

 

軟骨云々ではなく

ただ単に

筋肉の硬さによって

引っ張られて

骨の向きが変わり

レントゲン写真上では

関節が狭くなって

あたかも

軟骨がすり減って

見えるだけの事

 

もちろん全ての症例が

そうではないかもしれないが

下の写真は

正にその通り

kneeoa01_02

 

内側の隙間が狭くなり

外側の隙間が広がっている

 

このように

考えて治療すれば

変形性膝関節症と診断されていて

なかなか治らない症例には

著効がある

 

そもそも

本当に軟骨がすり減っていたら

マッサージや鍼治療で

著効が得られるわけないでしょ?

(^_-)-☆

 

なかなか治んなくて

お悩みの方

当院でサクッと

治しちゃいましょう!

(^_-)-☆

【症例報告】脊柱管狭窄症 T.Sさん 60代男性 大田区 ②

こんにちは、伊藤です。

 

【症例報告】

脊柱管狭窄症

T.Sさん

60代 男性

大田区

 

さて、4,5年前に脊柱管狭窄症と

診断されて

なぜ半年前に症状が

増悪してしまったのか?

 

ポルシェ 911 GT3

※ 以下の画像はTさんのブログから拝借

Tさん01

 

最近GT3でサーキットデビューを

果たしたTさん

それに先駆け

半年前に左ブレーキにした

右足でブレーキを踏むのではなく

左足で踏むようにした

 

つまり運転での左足の使用頻度が

あがっていったのが半年前

 

そのあたりから

脊柱管狭窄症の症状

「数分歩くと痺れと痛みで歩けなくなる

少し休むと改善する」

が出始めた

 

また愛車のGT3のシートを見ると

やはり身体にフィットする仕様

Tさん02

 

おしりが固定された状態で

脚を動かさなければならない

想像しただけでも

おしり、腿の筋肉はカチカチになりそう

 

つまり

そうなってしまっていたのがTさんの身体

 

サーキットデビューする前からも

クルマ好きのTさんは

どこまでも車で出かけるタイプ

 

高速でも車と車の間を縫って

走行するそう (奥さん談)

 

自分でもセッカチだとおっしゃる通り

グッと力を入れてやられていることが

多そう(^_^;)

 

そのようなことが重なって

積もりに積もった肉の硬さが

脊柱管狭窄症と同じような症状を

出していたんですね

 

身体の使い方と性格(素質)を診る治療

 

改めて

効果的な即効性のある治療をするには

大事なことだと実感しました

 

実際

左ブレーキの話を聴くまでは

(3回目かの治療中にお聴きした)

効果的な治療ができていたかと考えると…

 

その話のあとに

「では!」と行った

鍼治療がとても効いたそう(ご本人談)

 

治療に来られる前から

決定していた2回目のサーキット走行にも

間に合ったようで嬉しい限りです(^^♪

 

原因のひとつだった

左足ブレーキのほうは…

Tさん03

 

踏みやすい位置に

押し心地を軽くした

フットブレーキをカスタムされたようです

 

原因がわかれば

道具を変えることもできますし

身体も変えることもできます

 

脊柱管狭窄症と診断されても

原因は人それぞれかもしれません

 

人それぞれに合った治療を

見つけていくのが

治療家ですね

 

T.Sさん

症例報告への掲載の許可を

いただきましてありがとうございました

好きなことを思いっきりできるよう

これからもサポートさせてくださいね♪♪

【症例報告】「右膝が痛い!」S.Yさん 60代女性 書道講師 葛飾区亀有

 2016.6.09

 

こんばんは

院長 みやもとです

 

【症例報告】

「右膝が痛い!」

S.Yさん

60代女性

書道講師

葛飾区亀有

 

同じ職場の

足立区

N.Yさん

ご紹介

 

ありがとうございます!

(^_-)-☆

 

【初診 5/15 60分】

 

昨年6月に自転車で転倒

今年3月くらいから

右膝が痛む

 

地元の総合病院では

靭帯損傷との診断

 

歩行

しゃがみ

四つん這い→正座

全てに痛みと

可動域制限有り

 

あるところに治療して

即チェック

 

S.Yさん

「OK!

全然楽!」

 

 わたし

「病院の先生の診断は

間違いですね。

 

靭帯損傷でしたら

こうすぐには

変化しないでしょうから。

 

 

ただ単に

筋肉が硬くなって

ジーンズみたいになってただけ。

 

ジーンズ履いて

しゃがめないでしょ。

 

Sさんの筋肉を

ジーンズからジャージに

スジ肉を上カルビに

速攻で変えると

こうなるんですよ。」

 

Sさん

「先生!

うれしい!」

 

わたし

「わたしは

歳のせいになんかしませんよ。

 

お歳でも

ちゃんとフィットした治療であれば

すぐに変化します。

 

膝の裏を膝窩といいますが

膝窩にコリが溜まっていますので

こちらを集中的にやりましょう!

 

またこのストレッチを

しくだいにしますね。」

 

【2診目 5/25】

 

わたし

「いかがですか?」

 

S.Yさん

「先生

あれからとっても

調子いいいのよ!

 

まだ膝と足首にうずく感じ?

完全に痛みがないわけじゃないけど

正座もできるし

階段も楽♪

 

今日は肩こりと頭痛がするから

そちらもお願いしたいわ。」

 

わたし

「ほかの症状が

気になってくるのでしたら

良くなってきている証拠。」

 

治療後

S.Yさん

「ショップカードをいただくわ。

生徒さんを紹介します。

彼女もお願いしますね。」

 

【3診目 6/5】

 

わたし

「いかがですか?」

 

S.Yさん

「先生のところに伺ってから

ビックリするくらいに

良くなってます!

 

今までは

歩きで

駅まで2回は休んで

このところは

自転車だったのに

いまでは歩いても

全然大丈夫!

 

先生

また一人

ご紹介します。

 

なんか

うれしくなっちゃって

みんなに紹介したいわ!」

 

まだ少し

膝の痛みがあるようなので

前回の続きの治療を

 

続きます

ちなみに

靭帯損傷であっても

捻挫であっても

肉離れであっても

即効で痛みを軽減し

可動域を回復させる技術を

わたしは持っています

 

毎日

こういう症状の方が

関東一円から

いらっしゃいます

(^^)/

 

お急ぎの方はぜひ!

 

ほとんどの患者さんの

試合・お出かけ

等々の期限に

間に合わせてますからね!

(^_-)-☆

 

現在

今週末

6月12日(日)に

高校最後の大会の高校生

(捻挫 6.7初診)

クラシックバレエの発表会の中学生

(捻挫 6.1・2のブログ)

クラシックバレエの発表会の高校生

(捻挫 6.5初診)

クラシックバレエのコンクールの小学生

(オスグッド 6.8初診)

患者さんを

最高のパフォーマンスで

力が出し切れるよう

治療中です!

 

大丈夫!

絶対

間に合わせるからね

(^^)/

「身体も顔も表情もダル重・疲労をなんとかしてほしい」

こんにちは、伊藤です。

 

「顔って筋肉あるんですか??」

よく聞かれる質問

normal

 

「はい、こんなにあります」

 

人間らしさの

細かい表情を作るために

食べたり、見たりするために

顔全体に筋肉が張り巡らされています

 

あるお母さんの一言

子育てが一段落して

ふと鏡を見ると…

疲れた顔…

出かける気力もなくなる

でも出かけなくちゃいけないから

表情の重さをなんとかしたい

 

20代女性の患者さんからは

小顔のエステに行ったら

顔の筋肉が凝りすぎているから

ほぐしてもらったほうがいいですね~

と言われました

なんとかできますかね?

 

巷のほぐし屋さんでは

肩、腰とは言いやすいけれど

顔をほぐしてくださいとは言いにくい

 

どこでほぐしてもらえば

いいのかわからない…

 

たなごころでは

以下の症例があります

 

☆ 顔面神経麻痺

【症例報告】「顔の右半分が動きません! 顔面神経麻痺」N.C.さん 40代女性 自営業

☆ 顎関節症

【症例報告】「左あごが痛い!顎関節症」O.Yさん 30代女性会社員 川崎市

 

どちらも顔まわりの筋肉をほぐすことで

改善されています

 

このような症状がなくても

上記のような悩みをお持ちの方は

「顔をガッツリほぐしてください」

とおっしゃってください(*^-^*)

 

痛いですけど…

とってもスッキリしますよ♪♪

 

「人は見た目が9割」

表情から元気になるのもありですね(^_-)-☆

【症例報告】「猫背を治して!」N.Mさん 60代女性 葛飾区

2016.9.7

 

こんばんは

院長 みやもとです

 

【症例報告】

「猫背を治して!」

N.Mさん

60代女性

葛飾区

 

通ってらっしゃる

書道の先生の膝痛が

当院で一発でよくなって

先生のおススメで来院

 

【初診 6/10】

2S8O0188

N.Mさん

「先生

すぐこう

なっちゃうのよ~。」

2S8O0189

あれから

どうなったかと言うと

 

【12診目 8\31】

2S8O1273

「先生

前とは全然違うわ!

冷蔵庫の上も

前より届きやすいし!」

 

N.Mさんの

猫背は

「骨盤後傾型」

46c9ccd51a72a3986b1b4994adebb889-e1393399399281

jpg11

【ネットから引用】

 

上記の文章は

疑わしいものもあるが

 

これを3カ月弱かけて

ここまで改善した

 2S8O0191

肩が前に出ていると

それも猫背の原因に

2S8O0192

これは一回で

ここまで改善

2S8O0193

「先生

とってもうれしいわ!」

そうおっしゃる

N.Mさん

 

毎週水曜日に

治療の予約を入れていただき

毎週毎週

わたしの治療に

かけていただいて

本当にうれしいです

(^O^)

 

 

「歳だから仕方ない。」

わたしはそんなことを

言ったことがない

 

ちゃんと

フィットした治療なら

キチンと身体は変わる

 

自分自身

そう信じているが

いつも患者さんが

本当にそうだと

教えてくれる

【症例報告】 「卓球・ハイキングを続けたい!」 変形性膝関節症 O.Eさん 70代女性

こんにちは、伊藤です。

 

【症例報告】

「卓球・ハイキングを続けたい!」

変形性膝関節症

O.Eさん 70代女性

 

Oさんは高校のときから

登山を始め

国内外3~4000m級の山々を

登りつくすほど

 

昨年は60代の最後に

キリマンジャロ(5895m)に登るため

トレーニングをしていた

 

そのトレーニング中に

南アルプスで転倒し

左肘を骨折

 

その1ヶ月後くらいから

膝が痛くなった

 

2015/10/26 のレントゲン写真 ↓

IMG_0041

 

整形外科にて

「変形性膝関節症」と診断

 

週1回のヒアルロン酸注射と

週2回のリハビリに通うも

歩行時痛

しゃがめない

膝を伸ばせない

卓球での左右の動きができない

動かした後、膝が腫れる

などの症状がある

 

それから約7ヶ月後

卓球のコーチのご紹介で来院

 

<初診 2016/5/16>

上記の症状を確認

 

膝まわりの筋肉をほぐす

 

歩いてもらうと

「なんか(今までと)違う感じがする」

 

これまでのリハビリでは

筋トレやストレッチをするばかりで

筋肉をほぐすことを

していなかったよう

 

その後週2回の治療で

1週間後…

卓球の左右の動きでの痛みが減少

「コーチに左右にボールを振って

もらうように言ってくださいネ」

「出来る範囲でどんどん動かしていきましょう」

 

~1ヶ月…

膝が伸ばせる、しゃがめる

~2ヶ月…

歩行時、卓球後の痛み軽減

膝が腫れなくなってきた

~3ヶ月…

膝の屈伸でポキポキ音が鳴る

朝や夕方に痛みあり

動かすにつれ痛みは減少

~4ヶ月…

近所の散歩2~3時間、鎌倉ハイキングなどに挑戦

下りが辛いが脚の運びが軽くなってきた

~5ヶ月…

散歩や卓球後に膝内側が微痛

膝周りが疲れる

 

半年後…

2016/11/14 のレントゲン写真 ↓

IMG_0040

 

膝の内側がくっついているように見える

整形外科の先生からは

「変形が進んでますね」

と言われる

しかしながら

1年前と比べて現在は

痛みが少なく膝の曲げ伸ばし

卓球・ハイキングができている

 

とすると…

レントゲンに写らない部分での

変化が重要なんですね

 

そうそれは、『筋肉』 です

 

レントゲンに写る骨の変形は

治せませんが

変形を進行させずに

日常生活+αをできるようにする

 

やりたいことを

思う存分できるように!!

 

Oさんは

膝周りの微痛はまだある状態ですが

「階段の下りをもっとスムーズにしたい」

「正座をしたい」

と意欲満々です(^_-)-☆

 

正座ができるようになるまで

あと少し!

 

痛みがありながらも

どんどん動かしていただいている

Oさんに感謝 (*^-^*)

 

末永く

卓球・ハイキングが続けられるよう

しっかり治しましょうね!

【症例報告】「正座したい!」両膝の痛み 変形性膝関節症 T.Kさん 60代女性 墨田区

こんにちは、伊藤です。

 

【症例報告】

両膝の痛み

変形性膝関節症

T.Kさん

60代 女性

墨田区

IMG_0745

ベットと壁をつかまないと

しゃがめない

 

60歳から健康のため

ウォーキングを始めた

 

1週間後

脚が痛くなったが

構わず続けていた

 

すると膝が痛くなり

整形外科に行くと

変形性膝関節症と診断

 

膝の負担を減らすため

プールでの水中ウォーキングに変えた

 

接骨院に通うも

膝の痛みは変わらない

 

プール仲間の

S.Mさんのご紹介で来院

【症例報告】橈骨頭骨折後 S.Mさん 50代女性

 

「筋肉ならたなごころ!」

とご紹介を受けてきたとのこと!

S.Mさん経験者は語る

ですね(^_-)-☆

 

正座へ向けての第一歩

しゃがみで確認

IMG_0743

 

両膝の前面が痛くて

これ以上曲げられない

 

しゃがむときに重要な筋肉を

ほぐしていく

 

「痛いけど気持ちいい(●^o^●)」

とTさん

 

「こんなにもんでもらったの

初めて~」

 

では確認

 

<治療前>

IMG_0743

<治療後>

IMG_0746

 

何も言わなくても

ベットから手を離して

しゃがんでくれました(^_-)-☆

 

「あれあれ、ちょっとしゃがめてる!?」

先ほどよりは

だいぶしゃがめてきましたね♪♪

 

「筋肉をほぐすだけで

こんなに変わるなんて~嬉しい!」

「もっとほぐしてくださ~い」

 

痛みでかばって

関節が動く範囲が狭くなり

使う筋肉も最小限に

していたんですね

 

動かさなくなっていた筋肉を

どんどん甦らせて行きましょうね(^_^)/

 

正座まで

もうひといき!